沼津でラブライブサンシャインの聖地巡礼してみた 2日目

スポンサーリンク
思い出

おはようございます。
黒うさぎです。

沼津旅行2日目!
本日は淡島方向に向けて出発です。

淡島にはマリの実家

淡島ホテルがあります

 

 

😰絶望の淡島


バスで淡島まで行こうとしたところ
「多比行き」が来たので、多比までバス
それ以降は徒歩で淡島に向かうことにしました。

バスを降りたら、雨が降ってきて
傘は無いし店も無いので
びしょ濡れの状態で地獄の行進をしました。

道中に何もない(郵便局ぐらいしかない)ので
メンタル削られました・・・

淡島ホテルが見えてきて
ようやく着いた・・・と安堵しました。

↑松浦果南のセンターポジションを祝う垂れ幕

その場にいるおじさんに聞いてみました。
🐰「淡島に行きたいんですけど」
👨「ホテルに泊まる人しか渡れないよ

🐰「え?」

安定のリサーチ不足

昔、淡島マリンパークがやってる時は金払えば渡れたけど
今は淡島ホテルに泊まる客しか淡島にいけないらしい。

2日目は淡島旅行という計画が
いきなり崩れ去りました・・・

確かに私は行ったんだ

淡島の目と鼻の先まで・・・

 

🍛希望の堕天カレー


さらに先に進むことにしました。
目的地は「とさわや」


淡島には行けないし、雨でびしょびしょだしで
写真撮る余裕なかったのでグーグルマップの画像ですが
「や」の看板が一致しています。

ちょこんと雨の中座って待っていたら
雨だから中で待ってていいよと、11時の開店前に入れてくれました。
もちろんぶっちぎりで一番乗りです。

冷え切った心に、おっちゃんの優しさが沁みる。

店内はこんな感じでラブライブに支配されています。
右上のタペストリーのヨハネは「はらぺこAQOURS」で
この店の鍋焼きうどんを食べてる画像です。

でも今回食べるのは、こっち!
1日10食限定「ヨハネの堕天カレー」

見た目も映えそうでいいじゃねぇか・・・
もぐもぐ・・・

これだよこれこれ!こういうのを求めてた!
旅先で食いたいのは、こういう変わり種!

イカ墨をベースにしたカレーに
異常に柔らかい豚肉とマッシュルームが入っていると私は感じた。

帰り際、ありがとうございましたと目を見て叫ぶおばあちゃんの接客も気持ちよく
店を出ると雨はやみ、空は晴れ渡っていた。

雨、やめーーー!

 

🐟1話で海に飛び込んだ桟橋


とさわやからちょっと歩くと、千歌の実家「安田屋旅館」があります。

1期1話で登場。太宰治がここで小説を書いたらしい。

恋になりたいAQUARIUMの舞台になった水族館も、すぐそばにあります。
無職で節約しなきゃいけないので中には入りませんでした。

スタンプが外にあったので、それは回収しました。

千歌ちゃんの家の目の前は、例の桟橋。物語はここから始まった。

この桟橋は「船の乗客以外入るな」的なことが書いてありますが
私は船に乗るつもりでガンガン進みました。

しかし、待てど暮らせど船は動き出さなかったのです。
12:30にも座ってたし、13:00にも座ってましたが動き出しませんでした。

↑証拠。実際に船に乗り込んで動くのを待ってた

桟橋の前、安田屋旅館の横にお土産屋があって、そこで沼津の特産品である干物を買い
「船はいつ動き出しますか?」と聞いたら、次は13時と教えていただいたんですが
13時になっても動き出しませんでした。

そのお土産屋さんにスタンプありました。

なぜ船は動き出さなかったのか

謎です・・・

超一級の聖地なのに、一人。
ラブライバーどこに消えた?

梨子も千歌もラブライバーもいない。私は一人だ・・・

ちなみに海はこんな感じ。

絵画のように美しい

徳島という横綱級の田舎で3年半暮らしていたけど
それとは別のベクトルで、美しい。

ただ透明なだけじゃない、宝石のような青緑色に輝いている。
まさにアニメ的な美しさ。

淡島周辺の海が一番きれいだった。

行きは雨で絶望してたけど
帰りはターコイズブルーに輝く海を見て
ここまで来て良かったと思った

魚も目視で確認できる。ヒトデもいる。
ウニも普通に落ちてる。

え?あれウニじゃね???って声出た。1人なのに。

石です。って感じで海にウニがいた。

消えかかってるけど、何者かがAqoursと砂浜に描きこんだ跡を発見した。
どうやら先客がいたらしい。

ラブライバーは存在したんだ。
私は一人じゃなかった・・・

2024年でも
サンシャインファンは

沼津にいる!!!

 

🏠沼津御用邸記念公園


あとは沼津駅に向かって歩きつつ、途中にある聖地を回ります。
まずは2時間12分歩きましょう。

イカれ無職の長距離移動

行きは雨が降ってて灰色だった淡島。
帰りはこんなに輝いていた。

最高の思い出をありがとう。

ラブライブの聖地巡礼に来たはずなのに
感じる異常なまでのサマーポケッツ感

サマーポケッツの聖地巡礼も行きたい!

そんなこんなで、幻日のヨハネ7話で出てきた沼津御用邸に到着。
昔、天皇がここで暮らしていたらしい。

入場に100円かかるのだが、
日本最高の上級国民である天皇が
どんな場所で暮らしていたのか気になったので入場してみた。

↑防空壕

結論から言うと、ただの広い林だった。

森の中で絵を描く世捨て人と、ただの広い林で暮らす天皇
何が違うんだろう?

↑御用邸に咲くハルジオン

このハルジオンを天皇も見ていたのだろうか?
こんなに広大な土地を持たなくとも、その辺の道路に生えてる。

波の音を聞きながらハルジオンを見、
私はあの逸話を思い出していた↓

アメリカ人は信じられないと、首を振った。
「私は、ビジネススクールで経営学を学んだ。君はもっと漁をして魚をいっぱい捕れば、大きな船が買えるよ。大きな船ならばもっと多くの魚が捕れる。会社だって設立できるよ」

「それにはどれくらいの期間がかかるんだい?」

「20年か25年ぐらいかな。そして会社の経営がうまくいけば、上場して株を売って、億万長者にもなれるさ」とアメリカ人は胸を張った。

「へえ、その後は?」とメキシコ人は不思議そうに聞いた。

「成功したら引退して、海の近くの小さな島でゆっくり暮らせばいい。朝はゆっくり起きて、子どもと遊んだり、ちょっと釣りをしたり。夜は友人とバーで飲みながら、楽しい時間を過ごせるよ」

漁師は言った。
「もう、私はそうしているじゃないか」

引用:メキシコ人漁師とアメリカ人エリートにみる「ビジネス幸福度」|3min column|三菱電機 Biz Timeline (mitsubishielectric.co.jp)

権力やカネを突き詰めても何の意味も無い。
人間の幸福に、そんなものは必要ないんだ。

川無料、海無料、山無料

図書館無料・・・これ以上
何を求める?

 

🏢沼津市役所


淡々と、沼津駅に向かって歩きます。

黒澤ダイヤさんが働いてる場所です。

ここでレシートなどの
ごみを捨てました。

最近ゴミ箱が

街に無いから助かった

 

🧨御成橋


最後の聖地です。

幻日のヨハネ、キービジュアルの場所です。

1期8話で反省会をした場所でもあります。

すぐ近くにリバーサイドホテルがあるので、
1期5話のヨハネ回でもよく登場しました。

また、てくてくAqoursというYouTubeの番組では
1年生組がここでポーズをキメていました。

土地勘がついてきて

このキャラはこの背景って

分かるようになってきました

 

最後に:ラブライブサンシャインについて


1泊2日の旅をもってしても、
まだまだいけてない聖地がたくさんあります。

淡島には渡れなかったし、幻日のヨハネの切り株にも行ってないし・・・

いままで数々の聖地巡礼に行きましたが
間違いなく史上最高に聖地巡礼で成功したアニメ。

これから巡礼する人に向けた
一番オススメしたい行動は
「スタンプ帳を買う」です

帰りの電車内で、スタンプ帳を眺めていたら
ここいったなぁ、あんなことがあったなぁと記憶が蘇って
じんわりと切ない気持ちになりました。

左側の梨子ちゃんは、例の桟橋の前にあるお土産屋さんに
ラブライバーが作って置いてったスタンプらしいです。

なにそれ!?って思うでしょ。
そういうところ含めて面白いんですよ。

今回の旅は、静岡県は移住先としてどうか?という調査も含んでいました。
それについてはまた、別の記事を作りたいと思います。

また一つ

良い思い出ができた

 

1日目はこちら↓

沼津でラブライブサンシャインの聖地巡礼してみた 1日目

 

黒うさぎ氏が昔作った漫画↓

墨紅 Evil Forest [剣道場 銀の月] | DLsite
少女たちが森で殺し合う。逃げる者とそれを阻む者。この森を抜けるには、どちらかの命を捧げなければならない......。

↓そのうち続き描く

イトの国家転覆記 - ジャンプルーキー!
誰でもジャンプでデビューできるマンガ投稿サービス、ジャンプルーキー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. egumi より:

    海きれいです!楽しそうです!
    水族館 自分だったら入ると思うけど、そこで自分を律して入らないからこその、黒うさぎさんクオリティなのでしょうね

    米国株気になって自分も買ったら少額ですが 上がってウッハーです(ありがたや…)