セミリタイア生活60日目。自分が奴隷だと気づかない奴隷ほど完成された奴隷はない。

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。
1秒も働くことなく60日が経過しました。

喫茶店で珈琲を飲みながら読書する。

平日の朝、
店内には老人と無職しかいない。
ゆったりとしたジャズが流れる穏やかな日常。

一握りの有閑階級と
大多数の労働者階級。
ピラミッド社会を実感する日々。

奴隷船脱出・・・

 

🤔なぜ「支配」されるのか


理由は1つ。
生産手段を持たないから。

生産手段を持たない人間は、生産手段を持つ人間に
労働力を提供して使ってもらうしかない。

工場がないから、工場を持ってる人に使ってもらう。
土地がないから、土地を持ってる人から借りる。
自分のビジネスがないから、他人のビジネスのお手伝いさんになる。

支配される人の世界観は狭く、
「正社員」と「非正規社員」しか実装されていない。

自分がオーナーになるという選択肢がない。

生産手段を持たず、手に入れようと動くこともないので
必然的に他人に使われる人生になります。

 

😓雇われ以外は気づいてる世界の真実


雇われ以外は
雇われが人生丸ごと搾取される生き方だと理解している。

一見真逆のように見えるビジネス系の人たちでさえ
「時間切り売り労働はやめましょう。稼げません」
と口にする。

「稼げません」が「楽できません」になるとリタイア者になる
それだけ。

昔の奴隷は、捕まえて鞭打って働かせなきゃいけなかった。
今の奴隷は、自分から頭を下げて働かせてくださいとやってくる。
素晴らしく効率化が進んでいる。

彼らは「自分の意志で」雇われたと勘違いしている。
だが、彼らが雇われたのは、自分の意志ではなく
生産手段を持たないからだ。

自分の意志で雇われたと言えるのは
「雇われない」という選択肢がある人だけ。

ほとんどの人は生産手段を持たないため
雇われなかったら生活できない。
なので彼らは雇われることを強いられていると言う方が正しい。

ただ、彼らはそう認識しない。
自分が奴隷だと気づかない奴隷ほど完成された奴隷はない

 

🤔なぜ「生産手段」を手に入れようとしないのか?


ネガティブ思考だから、
ということが理由として考えられる。
(日本人は不安遺伝子と言われる5HTTのSS型が世界一多い)

リタイアして失敗したらどうするのか!と聞く人がいるが
雇われに戻るだけである。

こんなことを言うと
「前より悪い条件になるかもしれない!」
と言う反論が飛んできそうだ。

「リタイア失敗するかもしれない。
雇われる条件が悪くなるかもしれない。
だから今の会社にしがみつくのが良いんだ。」
リタイア批判する人の思考はこんな感じだろう。

こういう人は
リタイア成功するかもしれない。
雇われる条件が良くなるかもしれない。
という可能性は考慮しない。

そもそも、雇われの条件なんてどんぐりの背比べなのだから
非正規社員も正社員も同じだろと私は思うが、
そこまで臆病なら雇われていた方が良いだろう。

リタイア者が1000万円でリタイアできるよと日々発信していても
世の中の人たちは1億2億ないとリタイアできないと言う。

とはいえ、
彼らには1億2億を若くして手に入れる算段がない。

この状況を一言で表すなら
「諦める言い訳をしている」ということになる。

よくブラック企業のスローガンとして
できない言い訳よりできる方法を考えろというものが挙げられるが
リタイア生活には必須のマインドだ。

大分県で暮らす・・・とかね

 

 

😎雇われない人生を歩こう


セミリタイア生活も60日目

平日の朝から喫茶店にいると
「私働いてないからさー」
「もう働きたくないよね、ぶっちゃけ」
「わかるー!」という会話が飛び交っていて驚く。

多くは専業主婦の奥さんだろうと思うが
ひょっとしたらリタイア者もいるのかもしれない。

まぁ、専業主婦というのも立派なリタイアの形だろう。
パートナーが納得しているなら、他人がどうこういうことではない。

街に出ると、
髪の毛カラフルな人がスマホ片手に配信してたり
ウーバーの配達をしている人がいて
世の中いろんな人がいると気づかされる。

良く勘違いされるが、
私は雇われ労働者が100悪いとは考えていない。

もちろん雇われる生き方は頭が悪いとは思うが
生産手段を持たない下級国民として生まれたからには
独立までの準備期間として雇われなければならない時期があるからだ。

また、独立に失敗して雇われに戻る人もいるだろう。

私はセミリタイアを自称しているため
現在は無職だが、いずれ働く意思もあったりする。
(もちろん週5はNG)

週5雇われてた人間が、
週4、3、2、1しか雇われずにやっていけるなら
それは立派な成功だと考えている。

0か1かの思考は捨てて
もっと柔軟に働き方を選んだ方が人生は楽しい。
現代日本は正社員信仰が行き過ぎている。

アメリカで申込書に記入する雇われ方の種類は
full time, self-employed, part time
の3種類らしい

正社員とは、ただ労働時間が長い雇われ
フルタイム雇われ労働者でしかない。

正社員も非正規社員も同じ。
なんなら搾取される時間が短い分、非正規社員の方が良い。

時間はカネより価値が高いから。

正社員、年功序列、退職金で首輪をつけられると
自由になることはできない

(ブログ毎日更新中!)

墨紅 Evil Forest [剣道場 銀の月] | DLsite
少女たちが森で殺し合う。逃げる者とそれを阻む者。この森を抜けるには、どちらかの命を捧げなければならない......。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類
シェアする
kurousagiをフォローする
黒うさぎの秘密のアトリエ

コメント