会社員としての適性がなくて良かった

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。

私は望んで今の会社に入社しました。
大企業に入って、定年まで勤め上げればいい人生が待っていると
そういう洗脳を受けてきたからです。

どうやら、それは間違いであると気づくのに時間はかからなかった。
会社員としてやっていく才能が皆無だったからです。

 

😓無意味な作業に耐えられない


 

会社員として働いてビビったのは
無意味な業務の多さです。

例えば、検体管理という書類があります。
検体管理を書くことで、盗難や不正利用を防ぐらしい。

でも、冷静に考えてほしいんですけど
検体管理書いた後に盗めばよくないですか?
重量だって、塩とか適当に測れば作れるじゃないですか
じゃあ、この記録ってなんの証明にもならなくないですかね

他にも
定期的に開催される会議で
ホームページにアクセスを増やすにはどうすればいいかとか
社員の意識を高めるにはどうしたらいいかとか
そういうのを議論するんですけど

とくに結論は出ず「頑張ろう」みたいな感じで終わるんですよ。

目標も
本来であればやる必要ない仕事を、目標のために生み出して
それをこなしていて、やる意味を感じられない。

同僚は
「それで給料出るんだから良いだろ」って感じですが

私は
そうは思わないんです。

「これ無駄だろ。これいらないだろ。なんでこんな無意味なことしてるんだ」
ってフラストレーションがたまってくる。

無意味に耐えるという、会社員適性が無かった。

 

😭あなたの上司の姿が、あなたの将来の姿です。


私の先輩たちは
世間的に見れば勝ち組です。

年収は高いです。みんな結婚してます。持ち家もあってアウディやレクサスにのってます。

で?

驚くほど、それに魅力を感じなかった。
ワクワクしなかったんです。

まぁ私以外の人も
うひょおおおおサラリーマンって夢があってワクワクするぜぇええええ!
とは感じてはないと思います。
現状維持でレールの上を進んでいるだけでしょう。

ワクワクしない人生に向かって進むのって
私からすると絶望なんですよ。
クソゲーをこれから40年間プレイしてくださいって言われてるようなもんです。

どうやら私は始めから間違えていたらしい。

安定より冒険
お金より自己実現
所有より体験
を求めている自分のことが分かってなかった。

働かずに遊んで暮らす。
セミリタイアやFIREによって、そんな生活が可能だと知ったときから
それが私の希望になった

遊んで生きる暮らしは、僕が発明したものでもなんでもないのだ。誰にでも、できる選択だ。もし自分にはできないと言うなら、「できない」理由をつけて遊びを捨てただけではないのだろうか。なんてもったいないのだ、と思う。

もっともらしい理由を持ち出して、自分ができないことの言い訳にして、行動に制限をかけている人は、人生を無駄にしている。

人生は有限だ。無限に生きられる人は、ひとりもいない。

だから僕は、無駄なことはしない。できない理由や過去にやったことへの後悔、未来への不安にとらわれて、貴重な人生を浪費するほど無駄なことはない。

by 堀江貴文

 

🤔悔いなき人生を歩くために大切なこと


何故私は大企業に入社したのか

目的意識が欠如していた、からです

大企業に入ること自体が目的になっていました。
おかしいですよね。大企業に入るというのは手段でしかないのに

大企業に入る→何故?→大きな家やいい車や家族が手に入る→手に入れてどうする?→幸福になれる→幸福になるためにそれらが必要か→NO

幸福になるためという目的を考えると
めちゃくちゃ遠回りをしているなというか
このままだと幸福になれないなという本末転倒っぷりに気づきます。

人間の喜びや幸せは持続しない。
最高の幸せとは、心が揺らがず安穏であること
仏陀は、そう説きました。

世の有象無象は違うというかもしれません。
でかい家!カッコいい車!美しい伴侶!俺は幸せだ!と

まぁ、そういう人は働き続ければいいと思います。
仏陀を信じるか、その辺の人間を信じるかはあなた次第ですから。

私は仏陀とマズローとよよよの考えの方が正しいっぽいなと
はっきり確信しているので、そっちの道に進みます。

私にとって
人生の目的は楽して楽しく生きることであり、
お金を増やすこととかではないですから。

たまに僕の生活のことを「よよよさんの生活は楽だけど幸福ではない」と頭の悪いことを言ってくる人がいるんですけど、生活が楽であることは穏やかな生活に繋がり、そして、穏やかな生活は心の平穏へ、そして心の平穏が幸せへと形を変えていくんですから、幸せを求めるならまず土台である「生活の楽さ、余裕さ」を求めるべきなんですよ、仕事をしない、人間関係を作らない、贅沢をせず生活費を下げる

自分が困るようなトラブル事の原因を一つ一つ潰していく、心の不安をなくしていく

そうして日々の暮らしを「なんのイベントもトラブルも起こらない状況」へ持っていくことで人は幸福へ近づけます

引用:セミリタイア老師 人生よよよのゆったり余生セミリタイアブログ

いつも思うんだけど

よよよさんって仏陀と同じこと言ってるよね

 

🤠今、最高にワクワクしている


苦節、4年。
なんとか2000万貯めてセミリタイアできそうです。

もうすっかり夏ですね。
夏祭りに参加してきました。

暗闇にパッと光っては消えていく花火を見ながら
「このド田舎で過ごすのも今年が最後かぁ」って思うと
なんだか切ない気持ちになりました。

会社は嫌いだったけど、田舎は好きだった。

思えば、セミリタイアにむけて邁進する日々は
一歩一歩前進している感じがあって悪くなかった。
未来が今より良くなる。そういう確信があったから

これから先、私は無職になる。

安定、お金、普通
そういうのとはかけ離れた人生になるでしょう。

かわりに手に入るのは

好きな時間に寝て起きて、
ふと海に行きたくなったら行って
現地の神社仏閣を巡って、自然を楽しみ
宿泊先のホテルで波音を聞きながらipadで絵を描く
そんな自由な時間。

最高じゃあ・・・

今、最高にワクワクしている。

夏休みは

蒙古タンメンと次郎と家系に行く!

あとブルーピリオド展にも行く!

 

 

同人誌一作目販売中↓

墨紅 After dark

コメント

  1. 佐藤 ジャンク より:

    私も前職で働いてご飯は食べれるなと思いましたが 先輩方の背中を見て
    「未来の姿が「ここの成功例」これならいいやー」と断捨離しちゃいました。
    大企業でも似たような背中があるんですね。

タイトルとURLをコピーしました