ゴッホの作品を見た絵描きの感想

スポンサーリンク
絵画鑑賞

黒うさぎです。

私は社会人2年目に唐突に絵を描き始め、
それから1年半後に絵に集中するため退職して無職になりました。

周りから狂ってると言われることも多いですが、
同様に狂っていると言われているゴッホには親近感を感じています。

彼の作品をじっくり時間をかけて鑑賞して、
絵を描き始めた頃のvividな感情を失わないよう感想を残していきます。

(順次更新中)

この記事は書きかけです

現在2作品に対する感想があります。

 

★スヘーフェニンゲンの海の眺め

1882年8月19日の手紙
こちらは先週1週間、強風と嵐と激しい雨で、ぼくはスヘーフェニンゲンに何度もその様子を見に行った。小さな海浜風景を2枚描いて戻ってきた。

明日、再び戸外へ出かけられたらと思う。

こんな絵も描けるのかと驚いた。
ゴッホの絵を見て「上手い」と思うことは少ないのだが
この絵は「上手い」と思った。

特に白い絵の具のガビガビした感じが、白波の表現に適している。

また、水にぬれた地面と、砂浜の色のコントラストが
テクニックを感じさせる。

波や大地や雲はおおざっぱさが自然のダイナミズムを感じさせていいのだが、人に注目すると三角形に白をちょんって感じでいつものゴッホ。

嵐の中、海を見に行く性格が
よくニュースで聞く「台風の中、川を見に行って流される人」そのもので
好奇心旺盛なんだろうなと思わされる。

油絵のガビガビで

自然のダイナミズムを

良い感じに表現できている

 

★緑の葡萄畑

1888年10月3日の手紙
ちょうど描いたばかりの葡萄畑は、緑色、紫色、黄色で、ブドウの房が菫色、若芽が黒とオレンジ色だ。

日ごとにあたりは色鮮やかになっていく。木々の葉が全て黄色になって、それは青い空を背景に、驚異的な光景になるのだろう

赤い葡萄畑はゴッホの生前に売れた唯一の絵として有名だが、
緑の葡萄畑があるとは知らなかった。

赤い葡萄畑と比較すると、この絵には希望を感じる。
緑の葡萄畑と青空が、秋のすがすがしい空気を体現している。

人物は帽子と日傘とスカーフといったファッションがオシャレで
どことなくヴィクトリア朝時代を思わせる。

と思いきやヴィクトリア朝は1837年から1901年らしいのでドンピシャだ。フランスとイギリスで国は違うが、文化は流れてきているだろう。

青空は
本だと右側が茶色が混じった感じでどす黒くなっている。
一方で、ネットで拾った画像だと綺麗になっている。
本物は古い本が茶色くなるように、茶色が混じってしまったのだろう。

左側にはヤシの木のように幹が長い木、
真ん中には糸杉、右側には空と混じった川が見える。

赤い葡萄畑でも川が流れていたので、
同じ場所を違う角度から書いたのかもしれない。

ブドウは夏に水が少ない地域が栽培に適していて、
手前の灰色と黄色が混じったような色は砂のようだ。

だんだん色鮮やかになっていく葡萄畑の絵を描きながら
紅葉を待ちわびるゴッホ・・・純粋で可愛いですね。

紅葉が楽しみ♪って

童心を失ってなくていいね

 

 

 

 

コメント