三菱ケミカルホールディングス

スポンサーリンク
三菱ケミカルホールディングス

もし三菱ケミカルホールディングスが減配しても、私はホールドするよ。配当金は利益剰余金の5.45%

発行済株式数15億×年間配当金40円=600億円 一方で利益剰余金は1兆1000億円。 1兆1000億の利益剰余金があるのに600億の配当金支払いをケチったら株主として許せませんよ。 率にして5.45%です。 余裕で支払える水準であると思います。 問題となるのは「中期的な利益水準の30%を連結配当性向の目安にする」だけです。 中期的な利益水準の30%を連結配当性向の目安にするという三菱ケミカルホールディングスの配当方針
三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスのmuse細胞で医療は変わる。覚悟は良いか?【配当性向マジックに驚愕】

まず初めに、三菱ケミカルホールディングスの決算が悪かったことで狼狽えるクソ雑魚投資家に代表執行役社長 越智 仁様のありがたいお言葉を伝える。三菱ケミカルホールディングスグループ事業説明会での言葉を文字で書き起こした。 「今期の期末のこ...
三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスのひどすぎる決算に絶望した。配当方針を変えないと配当は維持できない

基本的1株当り当期利益57.04円の30%は17.112円 もしそうなったら、827円で購入している黒うさぎの1800株は利回り2%になってしまいますね。 20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は前年同期比45.0%減の1447億円 muse細胞のデータが出るのは今年の中頃 厳しい状況が続きそうです。 でも、黒うさぎは三菱グループに対しては甘々評価だから特に何も感じていない。 配当維持してくれれば、それでいい。 まだ慌てる時期じゃない。
スポンサーリンク
三菱ケミカルホールディングス

Muse細胞の治験について、今年の中頃には脳梗塞などの主要なデータが出るらしい。生命科学インスティチュートの社長挨拶を読み解く

注目すべき点はいくつかありますが、特に「2020 年は LSII グループにとって正念場の年です。現在、LSII で進めている Muse 細胞製品の治験について、脳梗塞などの主要なデータが今年の中頃に出てくる見込みです。」は重要です。 muse細胞は2010 年に東北大学の出澤真理教授らによって発見され、その治験は2018年1月からスタートされました。しかし一向に進捗情報が出ないため投資家たちはやきもきしヤフーファイナンスで早くIR出せとぼやいていました。 その結果がいよいよ2020年中頃に出るというのです。中頃とぼかされていますが、6~8月をイメージすると良いと思います。
三菱ケミカルホールディングス

【高配当】三菱ケミカルHLDGSの銘柄分析。日本最大の化学会社【三菱ケミカルホールディングス】

1.初めに~三菱ケミカルホールディングスの概要~ 2.三菱ケミカルホールディングスの株価とチャート 3.三菱ケミカルホールディングスの基礎データ 4.配当金推移 1. 初めに~三菱ケミカルホールディングスの概要~ ...
三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスの優等生「太陽日酸」の銘柄分析

三菱ケミカルホールディングス傘下「太陽日酸」の銘柄分析
三菱ケミカルホールディングス

1300株保有する投資家が三菱ケミカルホールディングスの屋台骨「三菱ケミカル」を分析

1100株保有する投資家が三菱ケミカルホールディングスの屋台骨「三菱ケミカル」を分析 太陽光を必要としない完全閉鎖型植物工場と、太陽光の補助として人工灯を使用する太陽光併用型植物工場に大別され、レタスなどが作れるようです。実際に東京都港区や中国の北京市通州区で施工事例もあるようです。 ただ、調べたところ、植物工場の半数が赤字のようで、winwinの関係はまだまだ遠いようです。 問題点はいくつかあり、初期投資がかかるため野菜が割高になることや、継続的に光熱水道費がかかるなどの問題があるようです。
三菱ケミカルホールディングス

三菱電機と三菱ケミカルホールディングスから配当金が振り込まれました。12月03日が入金日。【支払日2019】

三菱電機と三菱ケミカルホールディングスから配当金が振り込まれました。12月03日が入金日。【支払日2019】 保有数量は三菱電機100株、三菱ケミカルホールディングス1200株。 税引き前25400円、税引き後25116円でした。 支払った税金は284円、三菱電機はNISAではないため税金から逃れることはできませんでしたが、三菱ケミカルホールディングスは全てNISAだったため税金から逃げ切りました(^_-)-☆ 入金日は12月03日、メールで連絡が届いたのも12/03日でした。
三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスの問題児、田辺三菱製薬を再評価する【パイプライン】

三菱ケミカルホールディングスの問題児、田辺三菱製薬を再評価する ちなみに黒うさぎは三菱ケミカルホールディングスを1100株保有する投資家で薬剤師で製薬企業勤務なのでヘルスケアセクターには明るいです。何故ここまで業績が悪化しているかというと、スイスの製薬企業ノバルティスと争いになりロイヤルティー収入を見込めないこと、製薬業界全体として新薬にかかる時間とコストが大きくなり田辺三菱も大した新薬が出せていないこと、などがあります。
三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングスのバイオマスプラスチックとは何か、1100株保有する投資家が教える

三菱ケミカルホールディングスのバイオマスプラスチックとは何か、1100株保有する投資家が教える 年間800万トンのプラスチックが海洋に捨てられており、一説にはプラスチック製のレジ袋が完全に自然分解されるまでに1000年以上かかると言われています。 海中を漂うプラスチックを生物が誤って誤飲して命を落としています。また、プラスチックを摂取した魚などを食べることにより、人間もまたプラスチック由来の有害物質を摂取していると考えられます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました