資産形成したいなら、まず都会から脱出しよう

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
ド田舎在住の黒うさぎです。

社会人を2年と8カ月やって1354万円という資産形成ができたのですが
これは田舎在住だからできたことだと再確認しました。

家賃が安い

以外にも理由があった!

 

〇都会は交通の便が良すぎる


実家に帰省するため、都会に帰って来たのですが
ヤベー勢いでお金が無くなっていきます

田舎では
あーこの場所行きたいなぁ→車無い→行けない
と自然と節約できるのですが

都会では
あーこの場所行きたいなぁ→電車乗っていける→行って消費
という風に節約できません。

実際、田舎に帰ってきてから2日で

〇あープロペン忘れた→秋葉原に売ってるから行こう
→電車賃(310円×2)&プロペン(8710円)

〇あーこの有名店行きたい→電車乗っていこう
→電車賃(490円×2)&飯代(1500円)&書籍代(3000円)

と速攻で1万4810円を失いました

忘れ物・・・

安定のADHD・・・

〇都会は人が多すぎる


都会出身の田舎民なので
都会に知人が多いです。

田舎なら
遊びに「遠すぎて行けない」、遊びに行く場所が「無い
でノー出費でフィニッシュですが

都会だと
遊びに「電車で行ける」、遊びに行く場所が「有る
ので出費しまくりです

セミリタイアにおいて重要なのは
資産運用の成功でも、高年収になることでもなく
圧倒的な節約です。

雇われ高年収はリタイアで失われます
資産運用の成功には不確実性があります
節約力は、リタイア後も持続します。再現性があります

アーリーリタイアしたいなら田舎に行きましょう
都会の光は、リタイアを志す者にとって毒です
世俗とはバイバイし、田舎で隠遁生活が資産形成には最適です

これに対して、あらゆる世俗的な営みから離れて生きる人の人生が、
長くないはずがあろうか。

その人生からは、何一つ奪い取られない。
なにひとつ散り散りに分散しない。なにひとつ運命の手に引き渡されない。
なにひとつ不注意によって失われない。なにひとつ浪費によって減らない。
なにひとつ余計なものはない。

いってみれば、人生全体が、もうけになるのだ

引用:セネカ「人生の短さについて」

 

〇終わりに、綺麗な東京に魅力ない


警察24時を見てたら
違法メイド喫茶の店長が逮捕されてました。

「未成年」で「女の子ドリンク」があって「お酒の提供」をしていて「秋葉原」にあったっぽい。

えっ・・・それって・・・

黒うさぎさんが2年前に描いたメイド喫茶体験レポ↓

あっ・・・(察し)

犯罪店で違法接待受けてたんですか

あなたは・・・見損ないました

未成年の接待って違法なのか・・・

白河の清きに魚の住みかねて元の濁りの田沼恋しき・・・

枯れ木も山の賑わいというか
メイドの客引きも秋葉原の賑わいだと思うんですよ

キャストが飲んでるのはジュースって体裁だったし

こんぐらい許せよって思いますけどね・・・

法律とかルールとか規則とか、
ありとあらゆる縛りが窮屈なんですよね
もっと自由にさせてくれよと

秋葉原のメイドの客引きを嫌がるオタクは友人でも多いですが
陰キャは黙っとれ!って感じですね
私も陰キャですが・・・

法律を盲信して綺麗な日本にしていくことが本当に良いことなのか
法律の方が間違っているという可能性は無いのか

全てが煩わしい

リタイアして隠遁生活して世俗とはバイバイしたい

自由精神の持ち主にとって
この世は生きづらすぎる

ニーチェは自己を回顧して、自由精神という勇敢な仲間の幻と共に喋ったり笑ったりして過ごしていたとのこと。このことからニーチェは何者にもとらわれない漂泊者として、自らの影のみを友として自由な会話を重ね続けることで、既存の権威や偏見などというものは低劣な人間の欲望に過ぎないということを見抜いていき、これらからの解放を成し得ることができた。

こうした自由な見地に立つためには、人間は孤高の寂寥に耐え抜くということを覚悟しなければならない。そこは安易な生ではなく、因習に囚われている自己を超克して本来の自己へと帰還していくという困難極まる道である。そこでは世間からの不敬や非難というのは常例であり、賞賛というのは少しも期待することはできない。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%94%B1%E7%B2%BE%E7%A5%9E

同人誌2022.01.01に販売します。
↓リンク
墨紅 After dark

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました