株を買ったら売らない、永久保有という投資戦略の破壊力

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。

こんなtweetをしました。

よし
株の売却を、未来永劫禁じることにしました
今後私が株を売却するようなことがあれば
三文字で切腹します
遂げてみせるよ、 70年を超える超長期投資を

三文字で切腹とは

江戸時代、土佐藩の武市半平太が切腹した際
三回腹を横に切ったことを指しています。

土佐藩には強烈な身分制度があり
上士と郷士に分かれていて
下駄や日傘の使用は上士しか許されていないなどの差別があった。

武市半平太や坂本龍馬は
身分が低い方の郷士だったんですねぇ。

損な身分の低い身でありながら
脱藩して日本を変えた坂本龍馬
藩に残り日本を変えようとした武市半平太

しかし、時代が勤王から八月十八日の政変によって
幕府側有利になった際に
勤王党の武市は投獄され切腹することになったのです。

その際に、悔しさを示すため
それまで誰も成し遂げたことがないという
三回にわたり腹を切った切腹を実現しました。

ふたゝびと 返らぬ歳を はかなくも 今は惜しまぬ 身となりにけり
35歳のことでした。

いつものことながら

黒うさぎさんは前置きが長いなぁ

株を買ったら売らないという永久保有について
実は非常に有効な投資術であることが知られています。

証券会社の調査によると
投資家を売買頻度によってグループ分けしたところ
「亡くなった人」(つまり、株を売らない人)
が一番投資成績が良かったというのです。

これは一つの調査が示している結果ではなく
他で実施された調査でも同様の結果が示されています。

カリフォルニア大学のブラッド・バーバーとテランス・オディーンは6000家族について投資成績に関する5年間の調査を行りました。
その結果は、年間のポートフォリオ回転率が250%以上である20%の家族は(つまり最も頻繁にトレードするグループ)全ての家族で最も投資成績が悪かった。
具体的には、平均して7%もリターンが少なかった。

一部の天才投資家を除いて
大半の凡人はがちゃがちゃ動くたびに投資のリターンを下げている
という現実があります。

従って、株を買ったら売らない
バイ&ホールドという戦略は有効なのです。

私もがちゃがちゃ動いて投資リターンを下げていた凡人の一人

売買の結果、実現損益はマイナスなんですねぇ
配当金で確定利益はプラス二十万以上ありますが

そういうわけで売買の才能がないから
株を買ったら売らないバイ&ホールドをするということです。

長期投資をすれば複利の力を享受することができます。

1000万円を年利5%で50年間配当再投資した場合
50年後には追加入金無しで1億1467万円になっています。

すごいですよね。
1000万円を若くして持っていたら
50年間呼吸してるだけで1億円以上に膨れ上がるんですから

私は26歳で1200万円以上持ってるので
実質億り人確定みたいなものだな

ガハハ

ま、億行く前に

セミリタイアするんですけどね

コメント

タイトルとURLをコピーしました