手取りが高ければいいとは限らない

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。

私は手取りが少ない
新卒時代は手取り15万代だったし
先月は19万円でした

月の手取りが少ないから年収も低いと下に見られる。
侮らないでね?(中田敦彦風)

まず当たり前だけど
年収は
月給×12カ月ではない。

賞与ってものがある。

それに手取りが低くても総支給額が低いとは限らない。
会社の福利厚生を全力で活用していれば、手取りは低くなる。

そして、それは
手取りが低いから損をしている
ということにはならない。

しかし、一々そんなことを言うのもなんなんで
デートに行った時に手取り15万ですって言うとえーって言われて
お金払ってもらえる

とんでもなく情けない
割り勘テクニック

何かを狙ったわけじゃない。
事実を言うとそうなるだけ。

つか、「先月は120万円入金しました」とか普通に記事に書いてるから
手取り○○万なのに年収●●●万はおかしくないですかとか言ってくる人
この人、ブログ読んでくれてないんだ・・・ってめっちゃ萎える

そもそも日本の会社というのは
税金の関係で、年収を抑える代わりに福利厚生で還元をしようとするものである。

私の父・・・商社マンの父は
私が家を出る直前に年収2000万円超えたみたいだったが
それまではずっと1000ぐらいで、カネの代わりに福利厚生で還元を受けてた
的な話を聞いたことがある。

年収が上がると税金が上がるから
企業が取る当たり前の施策でしょう。

福利厚生と言えば
社宅や社食や蓄財関係など
いろいろあるわけで

社食はあんまり食べないけど
社宅は全力活用して
蓄財関係は投入できる限度額まで入金している。

社宅に関していえば約3万円払ってるけど
会社は10万円ぐらい出してるって聞いた

そーいうのを活用したら
必然的に手取りは減るけど損したわけじゃない
むしろ超得してる

私は同期の中でもぶっちぎりで福利厚生を使い倒しているので
やはり同期の中でもぶっちぎりで手取りが少ないんだろう。

出世してるのに、出世してない後輩にも手取りでは負けてるし(笑)

だから、私の年収を手取りベースで推定して
低いと思うのは仕方ないことなのかもしれない。

とは言え、その常識は捨て去った方が人生の自由度は上がるんじゃないかな。

この国で暮らす者にとって
年収を上げるというのは賢い選択じゃない。

つーか、いつも言ってるけど
年収ってどうでもいい。

奴隷の首輪自慢にしかならないから
むなしいだけ。

雇われ労働者が高級取りになるには
歳を重ねるか激務に耐えるかしかないわけで

激務も嫌だし貴重な時間を会社と自宅の往復で浪費したくない
セミリタイアの民としては
年収とかいらねーから休みを増やせよって感じです。

え?
でも黒うさぎの秘密のポートフォリオはカネの話ばかりじゃないかって?

それは君たちがカネの話しか見てくれないからだよ。
絵を見てくれるなら喜んで絵の話だけして絵だけ描きますぜ

でも君たちはカネの話しか見ないからね

株の記事 1000pv 絵の記事 100pv セミリタイアの記事 1000pv

年収数百万で多い少ないってむなしくないか

孫正義からしたら誤差で0だろ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました