資産100万円以下26歳でセミリタイアする猛者が出現

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。

世界は広いですね。
私と同い年のマッチョが、
島根県でセミリタイア生活しつつ村を作っているのを見つけてしまった。

この人、いつも変なセミリタイア民を

発見してるな

パクチー大原という人で
筋トレ村という村づくりをしつつ
YouTubeやブログやTwitterをやってるみたい。

動画を見たところ
収益源は、筋トレのリモート指導みたいです。

そんな稼ぎ方もあるのか!?

ひよこを飼っていて、
村で捕まえたムカデやバッタなんかを餌として与えてますね。

家賃は1万5000円
食費2万
税金2万
通信費5000円
で計6万で生きているみたいです。

大分県杵築市の方が安くて草

セミリタイアの聖地と比較するのは

やめましょう

村・・・ということで仲間がいるみたい

セミリタイア民は孤独な陰キャが多いので
パクチーさんは普通のセミリタイア民と一線を画す存在

YouTubeで動画を見ているんだけど
部屋で魚焼いて日本酒飲んで、めっちゃ楽しそうだった。

ルーチン動画を良く公開していて
筋トレ、リモートワーク、ひよこの世話、散歩
こんな感じで日常を過ごしていますね。

26歳、貯金100万円以下でセミリタイア
もう意味わからんスピード感ですね。

天下一セミリタイア武道会

でもやる気ですか、昨今のセミリタイア民は

とても魚釣りが好きな漁師がいました。
漁師は好きな時間に起きて、釣りをして、
子供や友達と遊んで楽しく過ごしていました。

ある日、金持ちの男が
その漁師のそばにやってきて言いました。

男:「やあ、すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」
漁師:「そんなに長い時間じゃないよ」

男:「へぇ、君は魚釣りが得意なようだね。せっかくならもっと働いてみたらどうだい?」
漁師:「自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だよ」

男:「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの?」
漁師:「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

男:「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。部下を雇ってもっと売り上げがでたらボートも買おう。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめて自前の水産品加工工場を建てて、ビジネスを大きくする。その頃には村を出てロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ。そうすれば老後もお金ができるよ」

漁師:「なるほど、そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」

男:「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」

漁師:「へぇ、それからどうなるの?」

男:「そしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい?すばらしいだろう」

出典:貯金100万円以下の私が村づくり(セミリタイア生活)を始めた理由#1 | パクチー大原のブログ (pakuchi-ohara.com)

この話を引用することで

だいたいパクチーさんの思想が見えるね

 

従来のセミリタイア民は
労働・節約・投資で資産を増やしてセミリタイア
って流れで私もこっち派ですが

だんだん
資産なくてもセミリタイアして
やりたいことの収益化を目指す
カネが無くてもセミリタイア達成型
が増えてきましたね。

R25でもサーフィンしつつ月5万稼いで田舎で暮らす
イケメンが紹介されてました。

我ら手法は違えど、理想は同じ

セミリタイアして嫌いなことを人生から無くし
楽しく日々を生きていく

がんばろ~

今時の20代は

バリバリ働くより

働かない生活を夢見ている

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました