投資本を読んで「当たり前のことしか書いてなかった」と思った人が根本的に勘違いしていること

スポンサーリンク
未分類

おはようございます。
黒うさぎです。

なんか新型コロナウイルスのワクチンを打つ業務に
私も薬剤師免許持ってるからという理由で、アサインされました。
今まで一度も活用してこなかった薬剤師免許が、社会人3年目でついに輝く・・・?

つか、ワクチン打つ私はワクチン打って無いんだけど
それはいいのか・・・?

それはさておき
本題に入りましょう。

私は読書が好きです。
投資本も結構読んできました。

投資本のレビューを見ると、批判意見にはテンプレがあります。

短期爆益系の投資本には
「再現性が無い」
「運が良かっただけ」

長期投資系の投資本には
「当たり前のことしか書いてない」
「時間の無駄」
「投資初心者には有用だろう」

こんな感じです。

短期投資爆益本に再現性が無いのは当たり前。
短期投資で爆益取る手法に再現性があったら、今頃みんな大金持ちです。

まぁ、「再現性が無い」とかいう分かりきったことを批判するトンチンカンは極一部で
短期投資で爆益した俺TUEEEEEのイキリを見たくて
そういう本を皆さんは買うんだと思います。

ガチで深刻なトンチンカンが大多数を占めてるな・・・
と思うのは長期投資本の方

「当たり前のことしか書いてない」
そりゃそうでしょう。
物事の本質とは当たり前なことなのですから。

長期投資の本質とは何か
「株を買って、長期で持つこと」です。

散々語りつくされ、
周知の事実であるにもかかわらず、
ほとんどの人が何故かできないことです。

投資本に「当たり前のことしか書いてない」という人は
根本的に投資について勘違いをしている可能性が高い。

株はあれこれ勉強したり、トレードするより
買って気絶していた方が期待値高い。

実際に、
投資家を様々な属性でグループ分けして、その投資成績を調べたところ
死者が一番投資成績が良かった・・・というのは有名な話です。

そもそも、再現性を求めて長期投資にたどり着いたなら
長期投資とは株を買って持ち続けるということで
語るべきことは多くないことぐらいわかるはず

「当たり前のことしか書いてない」という言葉には
裏ワザ・・・ウルトラCを求めて徘徊する憐れな欲豚の姿が透けて見えます。

長期投資に裏ワザはありません。

労働と節約で種銭を作り
株を買って気絶する。
これだけです。

投資本は、これを手を変え品を変え
長文化して一冊の本にしているにすぎません。

では、何故そういった投資本を買うのかといえば
まぁ買う必要はないのですが
意味を求めるならば、「株を買って気絶する」ということが皆さんの想像する100倍は困難であるからです。

生きてる人間が、長期投資をするには
記憶喪失になるか、強靭な意思が必要です。

知識として「株を買って気絶するだけで金持ちになれるんだよなぁ・・・」と分かっていても
実際に実行できないのは、知識が血となり肉となっていないから

そんな時に、投資本は役に立つのかもしれない。

邪念が浮かんで株を売りたくなった時
投資本をぺらぺらとめくって
「株を買って長期で持ち続けよう!」
「実は株を買ったら売らないグループが一番投資成績が良かった」
「複利の力」
等々、当たり前の文章を読んで

だよな
と握力を強める

そういう目的で使うのが投資本です。

くれぐれも
当たり前のことしか書いてなかった、などと恥ずかしいことは言わないように・・・

いつだって
本質はシンプルなのだから

当たり前のことしか書いてない投資本は、
むしろ本質を突いていると言える。

急がば回れ
急いては事を仕損じる

労働して種銭を稼ぎ
節約して支出を抑え
株を買い、長期で持ち続ける

王道を歩こう

「時代遅れになるような原則は、原則ではない」

byウォーレン・バフェット

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました