ネクストGAFAについて

スポンサーリンク
未分類

ぉはうさ!
Uに目覚めし者、黒うさぎです。

和製バフェットさんが、ちょっと面白い記事を書いていたので
私もネクストGAFAについて語っていこうと思う。

ネクストGAFAMになるポテンシャルを持っている会社なら
間違いなく世に出始めたらGAFAMと同じく何らかの形で気づくと思うし、
ほとんどの人もそうであると思う。

引用:ネクストGAFAMの見つけ方 : 和製バフェットのシークレットポートフォリオGT (livedoor.blog)

完全に同意ですね

GAFAがGAFAともてはやされるようになる前から
私たちはGoogle、Apple、facebook、Amazonの存在はしっていた

例えばAppleに関していえば、2008年には日本でもiPhoneでニュースが連日放映されていたし
facebookはソーシャルネットワークという映画が公開されたときに、皆の知るところとなっていたし
Googleなんてネットやってたらググレカスって言うぐらい昔から浸透していたわけで
Amazonも私が中高生の頃から使っていたと思う

そのいずれの段階で投資していても、爆益だった。

投資をしていると「上がってから買っても遅い」
「将来の成長を織り込んでいる」
「ハイテクは暴落します」
と説教してくる人たちがいますが

GAFAに関していえば、みんなが知るところとなり株価がぐんぐんあがっていても
買って儲けることができた。

つまり「上がってから買っても遅くない」
「将来の成長は織り込み不足」
「ハイテクは暴落してもすぐ戻します」
これがGAFAにとっては現実だった

自分だけが企業の本質に気づいた割安で放置されている銘柄
なんてものを掴む必要は無くて
みんなが知っているような素晴らしいサービスを提供している時流に沿った銘柄を買う
これで良い。

さて、ネクストGAFAになるポテンシャルがある企業は
GAFAのようにすでに皆が知っていて
かつ、みんなが良いね良いねと言って株価も割高で
暴落おじさんが●●は割高!将来の成長を織り込んでいる!と説教していると予測される。

この条件に当てはまる企業・・・
それは・・・
U

私には、これ以外に考えられない。

ゲーマーでUを知らない人はいない。
Uのゲームをプレイしたことが無ければ、それはゲーマーではない。

Uは赤字企業なのに、皆の期待が半端なくて時価総額3兆円を超えている
これはポカリスエット・カロリーメイト・アリピプラゾールで有名な
売上高国内二位の製薬企業・大塚製薬を超えている

赤字企業が!

Uの知名度と、割高さを買い
私はUに投資する。

ちなみに、Uへの投資は99%の投資家にはおススメできない。
配当は出ないし
赤字で不安になるし
なのに株価は高くて暴落おじさんが割高ァ!って叫ぶし
CEOを含めたインサイダーもガンガン株を売ってくるし
アメリカ株で為替手数料と売買手数料がキツイ

ユニティのゲームをプレイしていて
その価値を信じることができる
狂信者だけがガチホすることができるでしょう。

U!U!U!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました