楽を追求したら、必然的にミニマリズムにたどり着く

スポンサーリンク
未分類

ぉはうさ!

「楽」の追求者、黒うさぎです。

どんな生活をしたいか。
どんな人生を歩みたいか。
それを考えたら、必然的にミニマリズムにたどり着きました。

 

生活費を下げれば、人生がかなり楽になります。

例えば生活費5万円の人が20万円稼げば15万円投資に回して退職が近づきますが
生活費20万円のひとは20万円稼いでも貯金すらできない。

生活費を下げるために一番即効性があって確実性があるのは、ミニマリズムです。

そもそも物を買わなければカネは必要ない。
広い部屋に住まなければ、家賃も安くて済む。

大多数の人が自由をつかみ取れないのは、
投資しないことも原因の一つですが、
根本は高すぎる生活水準にあります。

例えば、東京一極化というものが日本では進んでいます。

「東京で人口過密状態になってコロナになってハゲるのサイコー、テレワーク?そんなの知るか!俺は高い家賃を払うために生きるんだ!大家に搾取されて生きていく!」

一つとして共感できる点が無いのですが、大多数の人はこういう思考を持っている。
東京暮らしの役人の友人は、今私が済んでる部屋より小さなウサギ小屋で家賃12万円支払っていました。

私は2万5000円ですから、差額は9万5000円ですね。
年間114万円の差。

ちなみに私の方が年収も高いです。
(社会人二年目505万円)

東京で暮らすと114万円もメリットがありますか?
無いなら即田舎に引っ越した方が良いですね。
カネが無いと仕事から解放されるのは難しい。

「天下取っても二合半」という諺を知っていますか?
「立って半畳寝て一畳」とも言います。

用は、1人が占める広さは、起きていて半畳、寝ても一畳であって大差ない。
天下をとっても一日に食べる米の量は二合半である。
必要以上に富を望んでもしょーがないってことです。

自分のしたいことは本当は何か、真剣に考えてみてください。

広い家に住みたいのか
→広い家に住んでどうすんの?城は建てたいけど(ロマン)中途半端な豪邸なんていらない。

高い飯を食べたいのか
→高い飯ばかり食べていたら、やがて高い飯が日常になって、高い飯で感動できなくなる。そんなのは嫌だ

仕事をやめて好きなことだけして生きていきたいか
→YES

TVでは貧困を演出する時は「物が多い部屋」
金持ちを演出する時は「物が少ない部屋」
そういう演出方法があるそうです。

小学生の時、父子家庭の貧乏な友人の家に遊びに行きましたが
いわゆるゴミ屋敷で、ごみの上に座って64を遊びました。

今でもはっきり覚えています。
遊んだソフトは、なぜか1人用のマリオストーリーでした

 

言われてみればそうですね!
金持ちかどうかは置いといて
ミニマリストの部屋紹介とかみても
「うわぁー、モノ全然ないじゃん…貧乏なんだろうなぁ〜」
とはならないですもんね
実際部屋のモノ捨てまくると金貯まりますし

ほんまこれ。

こないだネットで、貧困層の人がおにぎり二個で耐えてますって話題になっていて
食費4万円って出て、バカじゃんとしか言いようがなかった。
(おにぎり二個は貧困アピールだとバレバレ)

物を買えば金が減る。買わなきゃ減らない。
自由を手に入れる最短ルートは、必要以上の物を持たないミニマリズムにあり。

物質主義から抜け出して、無限労働地獄から抜け出そう

貧困家庭あるある

ゴミ屋敷&高いスマホ代&高い食費

金ないのは、大抵買いすぎが原因

何が必要で何が必要ないのか

取捨選択が人生で重要ですね

お金でも時間でも

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました