中田敦彦さん批判に見る、負け組の思考

スポンサーリンク
未分類

ぉはうさ!

マネーリテラシー強者の黒うさぎです。

YouTube、オンラインサロン、書籍などで大成功を収めている中田敦彦さん。
そんな彼が吉本を抜けた件に関して、ネットで批判コメントが散見されました。

批判コメントは、めちゃくちゃな暴論でしかなかったのですが
負け組がどういう思考回路で負ける人生を歩いているのかを勉強するサンプルにはなるかもしれません。

●不義理系批判


吉本の学校行ってたんだろ?環境も機会も先生も用意してくれるから売れたわけで…
そこに吉本パワーでTV出まくってたんだからよー
これからの後輩を育てるお金&吉本がTVに出る枠のお金出さないとか笑えるな

こいつ最近うさんくさくなってきたな

いわゆる不義理系批判ですね。

会社のおかげで成長できたんだから、会社に恩を返せ的思考。
ブラック企業って、こういう人たちがいっぱいいるんだろうな。

会社と労働者は契約で結ばれている関係で、恩や義理に縛られる必要は全くない。

ジョブホッパー、セミリタイア、FIRE・・・
会社で得たスキルを元により高収入な仕事に転職したり、会社で稼いだ資金を元に労働から解放されたりする今時の生き方を、こういう思考は選択肢として排除してしまう

吉本という会社の名前で中田敦彦さんが売れたからと言って
それにいつまでも縛られるのは違うだろ。

会社で成長したら、
会社に成長させてくれてありがとう代を支払わなきゃいけないのか?

契約で結ばれてる関係なんだから、メリットが無くなったらバイバイするだけ。

負け組は、感情論に囚われているということが分かりますね。

投資で儲けた金は汚いとか言ってそう(笑)

 

●移住ついて


後進国に移住しちゃってバカだね〜
そもそも生活費は高いし外人はまともな職につけんぞ?
つべの収入だけでやってけんの❓

はい、出た。

YouTuberの稼ぎを知らない化石。

YouTubeに関するデータを分析・提供するアナリティクスツールによると
中田敦彦さんの年収はYouTubeだけで1億9716万円らしい

オンラインサロンの方では年5000万以上。

つまり、庶民が心配などする必要なく既に一生分稼ぎ終わっていて
「上がり」の状態でextraゲームに参加しているわけです。

負け組は、稼げる世界のことを知らない、ということが分かりますね。

生活費がどうなのかは知りませんが
日本は所得税の最高税率45%に対してシンガポールは22%。

投資系だと村上世彰や与沢翼なんかもシンガポール在住だったらしい。

稼ぐ人ほど日本にいると損

日本が好きだから辛いけど

そこはセミリタイアして低年収になって対応

 

●有用な批判


結局こいつのやってることって自己啓発商売だし、
そういうのにひっかかる層って「シンガポールに移住」
これに強烈に憧れちゃうような層なんだよね

最後は、「まぁ一理あるな」と感じたコメントをピックアップ

ビジネス系の人って自己啓発を兼ねてることが多いんだけど
言うことは、だいたい同じで

「会社を今すぐ辞めてやりたいことをやろう」
「日本はオワコンだから海外に行こう」
「IT業界めっちゃ稼げます」

まぁ、こんな感じ。

これに触発されてるのか分からないけど
入った会社を速攻で辞めてIT系に転職する人とか多いらしい。

私の会社でも2020年入社の人がもう辞めてた
早すぎんだろ・・・

当たり前だけど、ビジネス系で有名な人は、それで成功した人たちで
その裏には有名になれない無数の敗北者がいる

中田敦彦さんやマナブさんやホリエモンさんみたいな人に憧れて
「やりたいことだけして生きていく」
で破滅した例はググれば無限に出てくる。

負け組は、ジャブを撃たずに即生きるか死ぬかの闘いに挑む

方向性は間違ってないと思うけど
成功できる道筋ができるまで
会社で耐えつつ挑戦が凡人にとっては吉だと思います。

最後は批判で締めるのですか

いやぁ、そんなつもりはないよ。

私は中田・マナブ・堀江、全員好きだし

見てる分には

類友で私の友達もそういう人多いんだけど

入った会社すぐ辞めてIT業界で転職繰り返している人とか見てると

理想と現実は違うな・・・と思うのも事実

生存バイアスは
投資の世界だけの話じゃないからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました