三菱ケミカルホールディングスと共に生きる【2800株保有】

スポンサーリンク

ぉはうさ!

製薬王、黒ううさぎです。

三菱ケミカルホールディングスを900株買い増しました。
これで2800株株主

ポートフォリオもめちゃくちゃ単純になりました。

めちゃくちゃ見やすい!

大日本住友製薬・JT・富士製薬工業は全部売却しました。
大日本住友の利とJTの損が打ち消しあって、だいたい5000円ぐらいの利食い。
JTの配当も3月には振り込まれるので、まぁまぁな投資でした。

もうキリン・大塚・ミツケミの3種しか保有していません。

ミツケミは2018年から持ち続けている、思い入れの深い株です。
998円から無限ナンピンと適度な利食いをからめて、ちょくちょく配当をもらいつつ
平均取得価格762円まで落としました。

 

ミツケミだけで取引履歴119件

ミツケミに巣くう妖怪です

ちなみに現在価格は644.2円ですから
ミツケミは33万円の含み損です。

キリンと大塚が含み益なのと、過去の配当で積み重ねてきた確定利益があるので
まだまだ余裕で耐えられる。

2021年はミツケミの年になると1月1日に予言した通り
本腰入れてミツケミを回収し始めました。

ここから、ミツケミを無限にナンピンします。
平均取得価格を超えるまで、アホになって給料とボーナスをミツケミに注ぎ続けます。

敗北はありません。
勝つまでやるので(マジキチスマイル)

なんでミツケミがここから来ると思うかというと
理由は3つあって

●MMAの市況が現在進行形で回復している。

ミツケミの決算をここ数年読み込んだ人なら、絶対に知っているMMA
いつも「MMAの市況が悪化しているから今期もダメでした」と株主を落胆させ続けて来ました。
MMAって無限に落ちる物なのか!?とすら思いましたが・・・
ついにMMA市況改善の記事が出た!

2020年10月14日「MMA需給が急速にタイト化、生産調整・停止相次ぐ、市況底打ち反転」
(出典:MMA需給が急速にタイト化、生産調整・停止相次ぐ、市況底打ち反転 | 化学工業日報 (chemicaldaily.co.jp))

三菱ケミカルはMMAの世界シェア40%でトップ
MMA市況改善は、当然業績に良い影響があるはず!

●ジョンマークギルソン

4月1日にはジョンマークギルソンが新社長に就任。
ミツケミの経営陣はコロナ前の田辺三菱製薬をとんでもないプレミア価格で完全子会社化、
ミツケミホルダーのカネをドブに捨てました。
(製薬企業を買いたい私にとっては、完全子会社化は賛成でしたが)

簡単に減配するわ、株価対策は何もしないわで2018年から株価は転げ落ちるだけの日々でしたが

外国のプロ経営者によって、徹底的にコストカットしてくれることを期待。

外国のプロ経営者と言えば、ゴーン。
ゴーンのコストカットと手厚い株主還元によって日産の株価は爆上げしました。
その後は楽器ケースに入って逃げたけど・・・

他にはクリストフウェバ―。
クリストフウェバーがシャイアーを買収して、武田の株価は暴落しました。

「まず財務基盤強化に取り組む」って言ってるから、
儲かってない事業のいくつか売りそうですね。

株価にはプラスだと思います

●3月の配当権利日

2021年は3/29(月)に権利付き最終日があります。
配当落ちも考慮しなければいけませんが、
とりあえず3月までは配当に向けて上がって行くんじゃないかと推測

2800株もNISAで持ってるから

年間でミツケミから6万7200円貰える❣

目論み通りに上がらなかったらどうするかって❓
問題ないよ、勝つまで続けるだけだから。

楽しみだな
平均取得価格を超えるまでに、どれだけミツケミの株を買い増せるだろう。
できることならキリンと匹敵するレベルまで買いたい。

約3倍だから8400株か
それまで、暴落したままでいてくれよ (`・ω†)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました