医薬品卸の談合で裏切者が出た件【悪のポートフォリオ】

スポンサーリンク
未分類

製薬王、黒うさぎです。
薬剤師免許持ってます。製薬企業勤務です。

医薬品卸の談合が面白い展開を見せています。

 

医薬品卸の談合 面白いことになってますね
4社(アルフレッサ、スズケン、東邦、メディセオ)で談合して、
独占禁止法違反容疑で告発されたのは3社(アルフレッサ、スズケン、東邦)
リーニエンシーに基づいてメディセオは事前に違反を自主申告したため、告発されなかったっぽい

詳しく見ていきましょう

 

●医薬品卸の談合とは


クスリは様々な製薬企業が作っています。
そのすべてに連絡を取っていては、時間がかかって仕方ない。

それを解決してくれるのが医薬品卸という存在です。
医薬品卸に「この薬くれ」と言えば、大抵の製薬企業の薬を持ってきてくれるわけです。

そんな薬の商社こと医薬品卸は、上位4社に寡占されています。
アルフレッサ、メディセオ(メディパルホールディングス)、スズケン、東邦
この4社で8割以上のシェアを取っています。

私が薬局実習・病院実習をした際も、この4社としか取引していませんでした。
医薬品卸にも薬剤師の求人がありますが、給料低すぎて入りませんでした
医薬品卸は圧倒的薄利です。営業利益率は1.12%程度

そんな医薬品卸の上位プレイヤーたちは「地域医療機能推進機構」の入札に関して、互いの利益を守るために受注割合の約束をあらかじめ決める談合をしていたのです。

まぁここまでは

「ふーん、まぁよくある事件だよね」って感じです。

 

●裏切者出現


4社仲良く談合したのに、刑事告訴されたのは3社でした。
裏切者がいますね(笑)

刑事告発を免れたのはメディセオです。
課徴金減免制度(リーニエンシー)という制度を用いたと見られています。

これは、談合・カルテルなどの独占禁止法違反の行為を犯した場合に、自分の罪を申請することで課徴金の免除・減額が許される制度です。

えぇ・・・

課徴金どころか罪まで逃れてるじゃん・・・

課徴金減免制度は申請順で減額率が決まる制度で
当然、一番先に自分の罪をゲロった会社が一番罪が軽くなります。

ということは、常識的に考えるとメディセオが真っ先に談合の事実を話したということでしょう。

しかし、罪までも逃れていることを考えると
とんでもない速さでゲロったのではないかと勘繰っちゃいますね
(公正取引委員会にバレる前に自主的に・・・とか)

起訴されたアルフレッサ、東邦、スズケンの三社を指名停止する病院も出てきているとのことで
影響は実際の利益にまで暗い影を落としている・・・

他の三社はメディセオを恨んでいることでしょう(笑)

起訴三兄弟と取引停止した病院

GSKの薬手に入らなくてワロタwww

(GSKはメディセオ&地方卸と取引停止している)

 

●黒うさぎの感想


私は良い子が基本的に嫌いで、悪い子が好きだ。

今回の一件でメディセオに投資する確率は未来永劫0になった。
先生にチクるような奴は嫌いだ

逆にチクられたスズケン、アルフレッサ、東邦を拾いたい。
悪を成せる胆力に惚れた

特にアルフレッサは、仕事で試薬を買うことがあるので買いたい。
こないだも水酸化カルシウムをアルフレッサから購入した。

さらに、アルフレッサはアルフレッサファーマという製薬企業も持っているので、私の「日本の製薬企業を買い続ける」というシンプルな投資方針に合致する。

てんかん重積状態の治療に新たな選択肢を与える抗けいれん剤「ミダフレッサ」(2014年12月発売)、共同開発により承認された抗てんかん薬「サブリル」(2016年7月発売)など、新薬創出にも積極的に取り組んでいます

いまだ治療法がない疾患や、治療法があるものの治療満足度が低い疾患を対象に、海外で有効な治療薬として承認されている薬剤の国内上市に向けた取り組みを推進しています。

出典:医薬品 | 事業/製品のご案内 | alfresa -アルフレッサファーマ株式会社- (alfresa-pharma.co.jp)

ホームページを見たら、こんな文言があり
新薬開発をする気があるようなので、そこもgood
製薬としての実力はないけど、今後に期待したい

黒うさぎの悪のポートフォリオ
「ドラッグ(全部)」「酒(キリン)」「タバコ(JT)」「性行為(富士製薬工業)」
次に加わるのは
「談合」
かもしれない・・・

アルフレッサって時価総額4000億円もあるんだね

爆益を狙うには大型

PER21.08、PBR0.85、配当利回り2.72%

株価としては妥当な水準だと思うケド

種まきとして、100株買っておきたい

ま、そんな余力無いんですけどね

( ̄▽ ̄;)

白河の清きに魚の住みかねて元の濁りの田沼恋しき

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました