後発医薬品メーカーの闇が深すぎる

スポンサーリンク
未分類

製薬王、黒うさぎです。

後発医薬品メーカーの回収が止まりません。

有効成分の含量が規格から外れたり
発がん性物質が管理値以上に含まれていたり
果ては違う有効成分が入っているという意味不明な状況。

何やってんだこいつら・・・

特に違う有効成分が入っていた事例に関しては
そもそも品質試験をやっていたのかという疑問がある。

後発医薬品優遇で安さを追求することは、日本人のためにならないと当ブログで散々指摘してきました。

現に先発医薬品メーカーの軸足は海外に移り
大手先発メーカーの日本人雇用は失われ、9割が外国人になった内資企業もある。

日本は製薬という分野では他国をリードする存在だった。
再生医療の分野でも山中教授のように業界をリードする天才が誕生している。
なのに、そんな山中先生にマラソンで寄付を募らせる日本政府は、無能を超えたクソの塊。

惜しみなく金をつぎ込む業界を間違いすぎだろ・・・

飲食と旅行大国でも目指すのか???

それって後進国・・・

役人の考えには、「安ければok」という発想があるように思えてならない。

それでいて、「弱者にはカネを配る」という発想があるからたちが悪い。

世界で勝つこともできなければ、財政規律が厳しく管理されているわけでもない。

役人は下町ロケット的な幻想に浸っているとしか思えない。

製薬企業のトレンドは低分子から抗体医薬品に移り、そして再生医療に移ろうとしている。

低分子で強かった日本の製薬企業は
抗体医薬品で欧米企業に後れを取った。低分子に執着しすぎてバイオへの移行が遅れたのだ。

今、再生医療の分野で日本は覇権を狙える位置にいる。
が、また国の無策で後れを取るかもしれない。

後発医薬品を押している場合じゃない。

安物制作工場を目指してるの日本は?

高度な人材や技術を外に出して、安価な人材を集めるのが狙い???

アホ?????

そんな中で、まともなことを言ってる珍しい政治家を見つけました。

自民党 参議院議員 本田あきこさんです。

厚生労働部会(自民党)では薬価について私見を述べました。
薬価が下がり続けたことによって、製薬の拠点が中国などの海外に移ってしまった。
しかしコロナ禍で明瞭になったのは、それでは国として危ういという事実です。

本田さんは、薬剤師免許ホルダーのようですね。

私が大学で学んでいた頃、薬剤師の政治家がいないと教授が嘆いていたのを思い出しました。

一度も選挙に行ったことは無いけど、本田さんには投票してみたくなりました。

まぁ行かないけど

めんどくさいし

まとめ

なんか2020年は異常なほど後発医薬品の不祥事が目立っている気がしますが

後発医薬品の品質がヤバいのは、QCの間でずっと噂されてきたことです。

安く安くを追求する後発医薬品メーカーが、削るとしたらどこか?
原料を安い会社から買うか
人件費を削るか

同じラインで複数の医薬品を製造すると、洗浄バリデーションや洗浄後のふき取り試験で品管は発狂する作業量になります。

薄利多売の後発医薬品メーカーQCが激務で長時間労働というのは良く聞く話。

原料メーカーも、果たしてまともな品質管理ができているのかどうか・・・

そして安ければ安いほどいいと言いたげな日本政府の姿勢。

世界の安物工場になるのは勝手だが
私としては製薬業界のGAFAを日本から出すという方向性を目指して、新薬開発に力を入れるべきだと思う。

選択と集中。

それが必要なのだが、縦割りの政府には難しそうだ。

後からでもどうとでもなる観光と飲食は捨てる。
軍事的勝利は今から目指すのは難しそうなので
勝利に一番近い文化(アニメ・漫画・ゲーム)で勝利を目指すか
比較的優秀な技術革新(製薬や宇宙開発)で覇権国家を目指すのが、Civプレイヤーとしては当然の発想。

こういうことを言うと、必ず「じゃあお前がやれよ」とトンチンカンなことをいう輩が現れますが

組織を変えるより自分を変えた方が速いので

日本がガチで終了する場合は
日本がオワコンになる前にホロライブENで英語を勉強して海外に逃げるだけだよ

ちなみに私にとって、日本が敗北したと認めるタイミングは
勝ち目のない戦争を始めた時か
資産課税を開始したときか
配当課税を意味が分からない域まで高めた時です。

とにかく

ガンガン新薬開発して製薬で日本を覇権国家にしたい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました