富士製薬工業と富士薬品の違いも知らずに株買った【富士製薬工業レビュー】

スポンサーリンク
未分類

ぉはうさ!
製薬王、黒うさぎです。

富士薬品を買うぞーと思ってスマホポチポチしてたら、富士製薬工業を買っていました。

よく見たら、これ違う会社じゃ・・・???

間違えて買ってしまった会社ですが、買ったらすぐに含み益になったので結果オーライ。

調べてみたところ、富士薬品(セイムス)は上場していないようでした。

じゃあ、この富士製薬工業ってなんなんだよという話ですね。
詳しく見ていきましょう。

●ジェネリックメーカー


富士薬品工業はジェネリックメーカーです。

日本調剤、沢井製薬、日医工、東和薬品に次ぐ業界5位のジェネリックメーカー

ジェネリックメーカーは買わないって言ってたのに

結果として、また手のひらクルクルしてしまいました

あわてなさんな。

富士薬品工業はジェネリックメーカーでありながら新薬開発もしている。

●新薬開発


2016年にウトロゲスタンを販売したのが、富士製薬工業初めての新薬のようです。

やるやる詐欺のバイオベンチャーと違う!

ちゃんと形になった新薬がある、これは信頼できる!

FSN011-01はフェーズ3終了。2021年9月期承認申請予定

FSN-013は2021年9月期にフェーズ3開始予定

がんばってね

出典:連結財務ハイライト|富士製薬工業株式会社 (fujipharma.jp)

2018年から急激に研究開発に力を入れています。

2020年は研究開発費が2018年のおよそ二倍

気でも触れたか

●三井物産


大株主に三井物産がいます。

富士薬品工業の株を21.9%687万株握られています。

まだ子会社化されていませんが、監視しなければなりませんね。

富士薬品工業には、ビオフェルミンや養命酒のような「優良株なんだけど親に支配されている成長を諦めた財布」にはなってほしくない。

三井物産が親なので、海外展開が結構進んでいます。

2021/9の海外売上高予想が19億円、2024/9の海外売上高予想が90億円
三井物産を通して海外に輸出するようですね。

製薬企業と商社ってシナジーあったんだ・・・(‘ω’)

捕らぬ狸の皮算用ですが

海外に意欲的なのは良いことです

●エムスリー


FSN-013はエムスリーと日本で共同開発・共同販売するらしい。

FSN-013の薬効は月経困難症でエステトロール/ドロスピレノン配合剤。

ん?FSN-013って配合剤か・・・(落胆)

Mithra Pharmaceuticals社から富士製薬工業が導入したのがエステトロールだね

FSN-011-01はプロゲステロンね

株価爆発は無さそう

まぁ、新規有効成分はそうそう出てきませんよ

長い目で見てあげましょう

卵胞ホルモン+黄体ホルモンの配合で
排卵抑制作用及び子宮内膜増殖抑制作用

ヤーズかな???

エステトって来たら、エストロゲン(卵胞ホルモン)関係だろうな

クスリの名前って連想でだいたい効果分かる

エストロゲン製剤のステムは-estr-

エステトロールはEstetrol

うーんよくわからん(投げやり)

●総評


私は先発医薬品メーカーにしか投資しないわけですが

富士製薬工業は先発医薬品メーカーという認識で、ガチホです。

研究開発止めれば利益爆増は見えてる。

研究開発続ければ新薬の夢が見れる。

どっちでも良し!
良い銘柄ですね。

富士製薬工業くん。

君の今後の活躍に期待する!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました