ライオン株へ新規投資を検討中【銘柄分析】

スポンサーリンク
銘柄分析

製薬王、黒うさぎです。

ライオン株へ新規投資を検討しています。
ライオンと言ってもキリンが持ってるライオンネイサンではなく、日本のライオンです。

ややこしいな

投資を検討する理由は洒落です。
私が黒うさぎで、主力がキリン株で、ライオン株も持ってたら面白くないか?

どうぶつ投資家を名乗れるわね

なにはともあれ、詳しく見ていきましょう。

 

●圧倒的割高で手を出しにくい銘柄


2014年からの上げがえげつない。
これに買いで入るのは勇気がいりますね。
コロナ禍も長期で見ればノーダメ

下がるのを待ってたら、永遠に落ちてこないパターンも考えられますね。

こういう銘柄、苦手なんだよなぁ・・・・・・

我が主は、落ちるナイフを掴むのが趣味ですからね

2020/11/08の時点で
PER:26.11
PBR:3.11
配当利回り0.95%
参照:ヤフーファイナンス

割高すぎんだろ・・・・・・

2020/11/9に株価バンジージャンプすることがほぼ確のエーザイよりましでしょ(記事執筆は2020/11/8)

割高銘柄は株価バンジージャンプするリスクが高い

だから入りたくない

配当利回り1%未満の企業は入るのに躊躇しますね。
私は複利の力で資産の増大を目指すタイプなので。

●ガチホに向いている銘柄


歯磨き粉ならクリニカ

ハンドソープならキレイキレイ

解熱鎮痛薬ならバファリン

圧倒的ヒット商品をこれでもかと沢山保有しています。

これは一握りの素晴らしい企業!

ワイドモートを構築していると言えますね

黒うさぎも歯磨き粉はクリニカを使用しています。
自分が使用する商品を出す企業の銘柄はガチホしやすいです。↓

自分が消費者として利用する株を保有すれば、ガチホ力は最強となる【実践中】

バフェットがコカ・コーラ株を保有しながらコカ・コーラを飲み、Apple株を保有しながらiPhoneを使用するのと同じように。

株価が高止まりするわけだ。

景気に左右される商品じゃない

●2020/10/5の最新決算レビュー


出典:https://ssl4.eir-parts.net/doc/4912/tdnet/1897945/00.pdf

基本的1株当たり当期利益92.88円に対して、年間配当23円ということは
配当性向は24.7%

配当性向30%まで配当を出せると仮定した場合、27円

その際の配当利回りは27円÷2425×100=1.1%

ダメだ・・・

少なすぎる。3%は欲しい

配当性向100%出してようやく3.8%。

配当性向30%じゃお話にならない

ライオンって、ITベンチャーみたいに利益が何倍にもなるような事業じゃないから
この株価なら他行った方が効率良いですね(-_-;)

安定して1%、悪くはない。
でも、安定して2~3%出す企業もある。

●総評


ライオンが素晴らしい企業であることは間違いない

素晴らしい商品、景気に影響されない事業、コロナ禍でも安定感のある業績

今後も株価&配当共に安定した推移が期待できる。

でも株価高すぎ

どんなに素晴らしい企業であっても、買値が悪かったら儲からない。

割高な企業は、増収増益でとんとん。
成長が止まれば叩き売られ、
減益になれば目も当てられない。

私は、この銘柄を買おうとは思えなかった。

イケイケの銘柄は好きじゃないんだよね。

株価が上がると、ゴルゴダの丘を登ってる気分になる。

株価は右肩下がり、配当は右肩上がりが理想。

そう、キリンのようにね

 

私たちは陰キャ系投資家

陰キャはキリン

陽キャはライオン

なるほどね

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました