【やばい】アステラス製薬の決算に渇いた笑いがこぼれた話

スポンサーリンク
銘柄分析

アステラス製薬の最新決算が2020年10月30日に公開されました

が・・・・・・

これは酷い・・・・・・
詳しく見ていきましょう

●いいとこが無い


売上収益-5.4%
コア営業利益-22.4%

うん・・・・・・ダメダメですね
協和キリンが普通にプラスを出してきたから、ダメダメさが際立ってる。

逆に
販売費及び一般管理費はプラス7.1%
研究開発費はプラス6.4%

コロナ禍で販売関連費がプラス・・・だと?

いやー
何してんの?

ほんとに分からないんだけど、他の企業はコロナ禍で販売関連費はマイナス推移ですよ・・・
音声聞いたら「XTANDIの共同販促費が増えた」「前年度2Qに損失評価引当金の戻入れによる一過性の減少」と言ってましたが
病院にMR攻撃できない中、何してたんだろ?

研究開発費も増えちゃってますが・・・・・・
それに見合うR&Dができているのか、しっかり注視しないといけませんね。

●業績予想は下方修正


業績予想が下方修正されました。
2465億円から2105億円に

シンプルにダメですね

●XTANDI一本足打法


先に私の考えを明らかにしておくと、製薬企業の一本足打法は問題ないと考えている。

一本足打法と言えば、大日本住友製薬のラツーダだけど・・・・・

アステラスも十分一本足打法しているように見える。
XTANDI一本足打法ヤバいよと、大日本住友製薬のように批判されないのは何故なのか?

●株主還元


おいおいおい、この状況で配当予想42円ってマジ?

やるじゃん

いいとこありました。
株主還元方針だけは評価できますね

●パイプライン


流石は業界二位の雄、フェーズ1の層が分厚い!

フェーズ3で気になったのはNK3受容体拮抗薬fezolinetant

アステラスによればNK3受容体は熱の放出に関与しているとのこと。
更年期障害のホットフラッシュは顔が熱くなったり汗が止まらなくなったり・・・・・ということらしい。

それって、薬飲むほどのことなんかな?

●総評


株主還元は素晴らしいです。
パイプラインも、流石の分厚さでした。

まぁでも、直近で期待できそうなフェゾリネタントは、アンメットメディカルニーズとは言えなさそうなので爆発はしないかな。

まぁ直近で期待できる薬なしってとこが多い中、よくやってる方ですね。

業績は、ひどいです。
良いとこは無かったですね。

業績ダメダメで株主還元は素晴らしい
・・・・・・ん?武田製薬かな?

借金漬けの武田

業績下方修正のアステラス

あなたはどっち?

私はキリンで・・・・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました