会社勤めは人生の無駄。時間の切り売りではなく資産になる労働をするべき理由。

スポンサーリンク
未分類

気づいている人はめちゃくちゃ少ないですが、時間の切り売りをするよりも資産になる労働をした方が人生はぐっと楽になります。

資産になる労働とは、例えばブログの記事YouTubeの動画執筆して本を書くことやサロンを運営したり起業して自分の会社のために働くことや不動産経営株式投資です。

資産はになる労働は、積み上げることができます。

黒うさぎは株式投資とブログをやっていますが、当初0円だった配当収入は社会人になって一年ほど経過した現在18万円程度に伸びました。初期は0pvだったのに対し今は日に700pvほど見られるブログになっています。

配当金は貰った配当金を再投資することで積み上げることができます。ブログは過去記事が継続的にpvを生み出してくれます。一度稼いだらそれで終わりではなく、継続的に稼げる仕組みづくりができるわけです。

一方で雇われ労働者は時間切り売り型の働き方です。

今月働いた分の給料は貰えますが、来月働かなかったら給料は貰えません。
さらにマルクスの資本論で言うところの余剰労働時間を搾取されています。あなたが30万円分の労働をしたとすれば、会社は20万円を支払うことで10万円分の利益を出すことができるわけです。

ですが、大抵の人はそれでも耐えます。
何故なら稼げる仕組みを持って無いし、仕組みを作る方向に向けて動き出さないからです。

一般的には株式投資や自分のビジネスを始めることは成功できるか分からないからリスクが高いとされ、大企業に雇われて働くことはリスクが低いとされていますが、その常識は間違っています。

雇われ労働は積み上げることができません。
あなたが心か体のどちらかが悪くなって働けなくなったら、収入はそこで途絶えます。
時間切り売り労働しかしていない人は、めちゃくちゃハイリスクということです。

いい大学を出て、良い会社に入って、結婚して住宅ローンで新築の家を買って、車を買って、定年退職まで働く模範的な日本人。これって経営者からするとめちゃくちゃ都合のいい人材なんですよね。

例えばローンで家を買った人や結婚して守るべき存在がある人って、仕事を辞めずらいです。
稼ぐ→消費する→稼ぐ→消費すると一生ラットレースを続けることになります。だから会社は既婚者を優遇するし、家を買ったら転勤なんていう人権侵害を平然とやってきます。日本の常識って優秀な雇われ労働者を生み出す仕組み化されているのです。

そして雇われ労働者は人生が楽になりません。
時間を切り売りする働き方しかしていないので、時間を切り売りしていないと収入が途絶えるからです。そして夢もありません。収入は他者から決められた額しか受け取れないからです。

一方で資産になる労働は収入は青天井です。
時間切り売り労働ではないので、セミリタイアやアーリーリタイアという言葉が投資界隈では浸透しています。配当金は呼吸しているだけでお金が入るので、やりたいことだけをして生きていくことができます。誰に頭を下げる必要もなく、好きな時間に起きて好きな場所で好きな時間だけ働くことができます。

日本人はレールから外れることを極端に嫌っていると思います。
私も投資を始めたころは両親から反対されていました。
しかし、大学から投資を始めて社会人一年目の今、私の資産は平均を大きく上回っています。
具体的には20代の平均貯蓄額154.8万円の4倍近い資産を社会人一年目にして手にしています。
金持ちの親元に産まれて相続したボンボンと異なり、自分で稼いだお金です。

確かにフツーの人と違うことをするのは怖いかもしれません。
しかし誰に反対されようと、自分の好きなことをして生きていける方向に動くべきです。
あなたの人生はあなたのものなのです。それを、誰誰がこういってたとか常識ではこうだからとか言い訳していいわけない。(ダジャレじゃないぞ☆)

現に配当金で生活している人はいるし、ブログでYouTubeでサロンで成功している人はいるし、不動産収入で脱サラした人はいるし、金持ちランキングには起業家と投資家しかいません。

雇われ労働は人生を消耗するだけです。
懲役41年間とか言って大切な自分の人生を会社に捧げるより、自分のやりたいことして稼いだ方が楽しいし、楽しい人生の方が良いです。もし働くのが好きという人がいても、自分の会社のために働く方が他人の会社のために働くより楽しいでしょう。

仕事で人生を無駄にしている実感があるなら、時間切り売り労働から資産形成に軸足をずらそう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました