宝くじ,ギャンブル,パチンコ,FX,株を同列に考える愚か者へ

スポンサーリンク
投資哲学

5chを見ていると、こんな投稿がありました。

宝くじもギャンブルもパチンコもFXに株も「やらない」のが一番良い選択
貯金してるだけの退屈な日々が一番良い選択
つまんない人生だな。と罵られようが

大変残念なことですが、日本人の金融リテラシーは宝くじ,ギャンブル,パチンコ,FX,株を同じようなものと考える人が大半な実情があります。

例えば老後2000万円問題が話題になった2019年でも、投資家の割合は人口比で18%程度と極めて少ない状態です。アメリカ人はリスク資産を金融資産全体の約50%保有するのに対し、日本人は15%しか保有せず0リスク信仰が蔓延しています。

しかも特に最悪なことに、日本で投資するのは棺桶に片足突っ込んだ老人なのです。今まで投資などしたことなかった会社一筋のサラリーマンが退職後に退職金を握りしめて株を始めて機関投資家の餌食になる。悲しい日本市場の現状です。

投資において時間の重要度は資金力に匹敵し、特に黒うさぎの投資手法である配当再投資によって複利の力を得るには時間の重要度は極めて高い。(参照→【複利】配当再投資の全て、このページを見れば配当再投資が完全に分かる【銘柄数】

そもそも物事を始めるには最初は少額で安定して勝てるようになったら額を増やした方が良いので、日本人の老人になってから始めるという投資スタイルは最悪です。むしろ老人になって始めて投資をするぐらいなら、投資をせず現金比率を高めるべきです。

投資の世界では「100-年齢」をリスク資産にしろという教えがあり、例えば黒うさぎは25歳ですが「100-25=75」と75%を株式などのリスク資産にするべきなのです。しかし90歳の老人の場合は「100-90=10」と10%しかリスク資産にするべきではないということです。

さて、宝くじ・ギャンブル・パチンコは客から巻き上げたお金の方が客に還元されるお金よりも少なく、その差額で胴元は儲けることができます。

しかしFXや株はそのような仕組みではないことは分かりますね?

FXについては貨幣の価値は長期的にはインフレによって右肩下がりではあるものの、通貨の価値の変動から差額を抜いて儲けます。勿論売りでも買いでも入れるため右肩下がりであろうが利益を出すことが可能です。

株価に関しては、インフレや世界経済の成長と共に右肩上がりが基本であり、企業の成長と共にむしろ価値は長期的に上昇していきます。しかも配当金として定期的に利益が株主に還元され、それを再投資することで資産の増加ペースを加速させることが可能です。

金融リテラシーが低く、お金について語ることがはばかられ、学校でも金融教育が行われない日本では宝くじ,ギャンブル,パチンコ,FX,株を危険なものという理解で終わるのは仕方のないことなのかもしれません。

しかし、こういう人たちって金持ちがどうやって金持ちになっているのか考えることとかないのだろうか?

一生懸命労働者として働いて賢明に貯金して金持ちになりましたなんて人がランキング上位に来ることは無いのですが、一生懸命サラリーマンとして働いて貯金することが最適解であると考える大衆の思考には疑問しかない。

実際に黒うさぎは社会人一年目であるものの不労所得を毎月1万円積み上げることに成功しており、あくせく働いて良い評価を貰って年1000円昇給する同期より10倍も自力で昇給してしまっているわけです。

黒うさぎは金なんてどうでも良くて100万円の不労所得が完成したら退職するつもりですが、お金を稼ぐことが大切だと考えて懸命に働く人たちより稼げてしまうことは皮肉なことです。

楽をするには賢くなりましょう。

0リスク信仰が、貴方を貧しくする。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました