【今やサラリーマンはリスクでしかない】給与所得で脳が社畜化される前にすべきこと

スポンサーリンク
未分類

サラリーマンは毎月の給与によって脳が社畜化されていきます。

象は子供のころから鎖に繋がれていると、大人になって鎖をつないだ杭を引き抜けるだけの体格になっても鎖の範囲外に行こうとはしない

脳が自分の限界はここだよと決めつけてしまうのだ。

フツーの人はサラリーマンとして、毎月の給与所得に頼って生きています。
給与を100%会社に依存するということは、生殺与奪権を会社に握られているようなもの。
まさに社畜の誕生です。

給与所得を会社に依存していると、会社のどんな理不尽な命令にもNOが言えなくなります。
残業しろ、ただし残業申請は出すな。有給取得しろ、ただし出社して仕事しろ。家買ったな?転勤決定(笑)結婚したな?転勤決定(笑)子供産まれたな?転勤決定(笑)

家を買ったら転勤とは、日本企業の常套手段です。
給与所得が100%会社に依存している人が社畜なら、その上借金まである人はスーパー社畜です。
給与という柵の中で社畜たちが放牧されている中、ローン勢はクビに鎖を巻き付けられているようなもの。

会社にとって都合のいい人材とは
既婚子持ちローン有り100%会社依存の人です。

逆に、会社にとって都合の悪い人材とは
独身で副業をしていて収入が分散化されている人です。

既婚子持ちローン有り100%会社に収益を依存している人に無理難題を押し付けてもYESしか言いませんが、独身で収益が分散化されている人は逃げ出す可能性があります。

既婚子持ちでも逃げ出す人はいますが、賢明な判断とは言えない↓

夫が会社を独断で辞めたのが5月。
やっと昇給したのに。
子供を保育園に四月から入れて、私もパートで働きに出るし、これで余裕のある生活が出来る。
と、ホッとしてたところだったのに。
夫は会社を辞めてから自営業で仕事をして、もちろん全然収入はない。
結局私のパート代を足してギリギリ生活していけるくらい。
私は結婚前から専門職で、仕事復帰後もその専門職パートとしてやっていました。
もうこの仕事は諦めて、事務職の正社員の仕事を探してなんとか安定しようと思ったけど、一歳の子持ちはなかなか雇ってくれず。
でも夫は俺が稼ぐからと、お前はお前の好きな仕事をしてくれと言われた。
いや、無理じゃん。
生活していけないじゃん。
だから夫にもう無理だから、あなたが正社員として働けるところを探してと言った。
夫が正社員として働くとなると夫の好きな仕事は出来ない。
妻は夫の夢を応援するべきなのはわかるけど、生活が優先だし、もう無理なんだよ。
貯金もある理由でゼロだし。
来月はもう生きていけない。
こんな結婚生活のはずじゃなかった。
息子に兄妹をつくってあげたかった。
でも二人目なんて無理。
離婚してシングルマザーとしてやっていきたいんだけど、でもそれこそ雇ってくれるところないよね。なんだかもう頭の中がぐちゃぐちゃ・・・

出典:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1534583022/スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part102

給与所得で脳が社畜化される前に、私たちは所得の分散化をしなければなりません。

例えば月給24万の人がいたとして

会社A:24万

それを副業と投資で

会社A:18万
会社B:4万
配当収入:2万

同じ月給24万ですが、後者の方が心も体も安定すると思いませんか?

副業で4万稼ぐのは誰でも楽勝だし想像できるでしょう。ノースキルでも日雇いのバイトを5日でもすれば到達できる水準です。黒うさぎはZOZOタウンの倉庫整理のバイトをしていたけれども、ノーストレスでただ服に触って考え事をしているだけで日給8000円は貰っていました。

配当収入2万は投資を知らない人には難しそうに感じるかもしれませんが、新卒で一年間働いた結果、私は一時的に到達できました(が減配により年間18万に後退(-_-;))。

新卒一年目の給料は手取り18万であり、日本人のサラリーマンの平均はもっと上なので多くの人にとって余裕で達成可能な水準です。既婚で子持ちとか、家のローンがあるとか言う人は、先に幸せを享受したのだから責任を果たしてください。

会社にとって都合のいい人材ではなく、会社にとって都合の悪い人材になりましょう。

所得を会社に依存せず、副業や投資でいつでも逃げられる準備をする。
その会社でしか通用しない資格やスキルではなく、転職市場で評価される資格やスキルを身に着ける。

給与所得で脳が社畜化され、心と体が壊されそうになっても逃げだせない状態を回避するために、準備を進めましょう。

 

 

 

 

コメント

  1. ほっと より:

    「所得を会社に依存せず、副業や投資でいつでも逃げられる準備をする。」

    すごく同感です。
    仕事は好きで、やめる予定は今のところありません。
    でも「別にやめたくなったらやめれるし」という選択肢を持った生き方をしたいです。

    • kurousagi より:

      ほっとさん
      いつもコメントありがとうございます。
      好きな仕事に就けていること、素晴らしいですね。
      私は好きより年収を追求し、そして新卒は初任給が低いので絶望の毎日。
      私が不労所得年100万の「別に辞められるし」状態になったら、確実に転職します( ゚Д゚)

タイトルとURLをコピーしました