お金がいくらあっても安心できない人。資産3億の独身50代なのに不安を感じている上司

スポンサーリンク
未分類

会社の上司が3億持っているらしいです。

部署は別なのですが、独身の副部長が3億持っているということを教えていただきました。

3億も持ってるならリタイアしたらどうですかと言ったところ、5億ないと安心できない的な返答を受けました。

独身で50代で3億持ってて、いったい何が不安なのか理解できませんね。

同僚にこの話をしても、5億はいるよね~みたいな反応でした。
5億を資産運用すれば安心して暮らしていけるよね~と。

まぁ、この人たちは資産が5億持っててもリタイアしないでしょうね。
お金に執着していることが明らかなので、自分の時間を切り売りする生活を延々と続けることになるでしょう。

3億稼ぐまで耐え続けた忍耐力は尊敬します。
ただ、その人生には憧れないですね。

3億持って週5で働く50代上司の人生より、2000万で20代貧乏リタイアしている人の人生の方が楽しそうだと思います。酸っぱいブドウって言われそうですけど。

3億持ってる上司は、忍耐力も資産運用の実力も会社での努力もすさまじいパワーがありそうですが、哲学が無いんだと思います。稼いだカネをどうするかってことです。カネは手段であって目的ではありません。上司はカネで安心を得るつもりが、カネに執着しすぎたせいでいくらあっても安心できない状態に陥っている。

常々言っていることですが、カネは時間を得るための手段です。
命の使い方は時間の使い方と同じであり、その時間を手に入れるためにお金が必要なのです。
従って、ある程度の資産がある人はリタイアしなければならない。
リタイアするべきではなく、しなければならないんです。

上司みたいにおカネが大好きならさらなる爆益を狙って、起業すればいいんです。
黒うさぎみたいにスローライフが好きなら、年間120万の不労所得でセミリタイアしちゃえばいいんです。ミュージシャンになりたいなら挑戦すればいいんです、役者になりたいなら挑戦すればいいんです、ユーチューバー?ブロガー?パイロット?全部挑戦しましょう!

時間は有限です。
命は一方通行で、等しく終わりに向かって進んでいます。

挑戦しましょう。
無条件に準備無く今すぐ挑戦しろとはいいません。
ただ、3億あって50代独身なのに会社にしがみつく意味はないです。
現代日本では、挑戦して失敗しても余裕で生きていけます。月に10日でも日雇いのバイトをやれば、生きていくのに必要なお金は手に入ります。必要以上に安心を求めて時間を浪費することはやめましょう。

安心を求めて保険にたくさん入る人がいます。
黒うさぎは強制加入させられた保険(健康保険や雇用保険)を除いて一個も入っていません。
免許は持ってるけど自動車は持って無いから自動車保険に入ってないし、家族はいないから生命保険に入ってないし、家を持って無いから地震保険にも火災保険にも入っていません。

ガンガンお金も貯まります。
安心を追い求めて搾取され続ける人は、いったん安心を追い求めることを辞めてみたらどうかな?
いくらあっても安心できないとお金を稼ぐために時間を切り売りして、雇われじゃない働き方は安心できないと会社にしがみついて、保険に入れば安心だと安心を得るために稼いだ金を安心のために失って・・・・・・

常識って往々にして間違ってます。
特に日本におけるお金に関する知識は間違っていることが多い。
アベノミクスで株価を上げるぞって言ってるのに株は安心できないと投資しないで貧乏なのは国が悪いって言ってる人たち、お金が無いから投資できないと100pointあれば投資できる世の中で言い訳ばかりしている人たち、13万も貰っているのに暮らしていけないというキャリア携帯の生活保護受給者、バブルの頃35年ローン固定金利で住宅を買って退職金で返済予定の大人たち。

安心のために自分の時間を捨て続ける人生で良いのですか?

私は、それは違うなって思った。
3億もいらないし、1億もいらない。欲しいのはお金じゃなくて自由な時間。

やりたいことをして生きよう。
難しくても、挑戦する価値はある。

時間は無限じゃないから、つまらないことをやってる暇なんてないんだ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました