同期の男で労働地獄から抜け出せるのは私だけだろうな

スポンサーリンク
未分類

ヒモになれないかなぁ~なんて学生の頃は冗談でよく言っていましたが、やっぱり現実はそんなに甘くないですね。

社会人になって、就職先が別々で分かれた人たち。
社会人になって、就職先が別々だからパートナーが仕事辞めてついてきた人たち。

ド田舎勤務だからこんな感じで二つに分かれています。
黒うさぎはもちろん前者で、大学卒業後はずっと独り身です。

やっぱりヒモにはなれないですね。
同期の女性は何人か専業化しそうな人たちがいますが、男でヒモ化しそうな人は0です。
大企業勤務ですが、大企業勤めの女性にはもっと稼ぐ人がパートナーになっています。

ヤフーとかSONYとか、そんなんです。
高年収な女性たちもやっぱり上昇婚の傾向があるんですなぁ。

一方で会社の既婚男性の奥さんは、何度か言ったかもしれませんが皆さん専業主婦です。
ド田舎についてくるには現在の仕事を辞めなきゃいけないから、仕方ないのかもしれません。
専業主婦の世帯は約33%らしいですが、33%はド田舎に集中していたんだ・・・・・・。

んで、私は人目をはばからず辞める辞めると言っているわけですが、私の不労所得が高まってセミリタイアが現実に近づくにつれて、投資のアドバイスを求められることが多くなりました。

これこれこうするんだよと伝えて、口座開設までこぎつけるのですが、みんなそこで止まります。
口座を開くとこでストップして、実際に株を購入することは無いんですね。

原因は、お金が無いからです。

やっぱり恋人がいる人はお金がたまりません。
海外旅行に行けば10万20万が無くなりますし、プレゼントを買ったり、お洒落なお店に行ったりしても万札が無くなっていきます。

既婚者の先輩たちは、子供や奥さんを守っていかなければならないし、家を買ったり車を買ったり結婚式をしたりで貯金が無いどころか借金があります。その状態でセミリタイアなんて言い出しても理解を得ることはできないでしょうね。

同じ給料を貰っていても、ここまで違うんだなと痛感させられます。

セミリタイア界隈には29歳でセミリタイア達成したレジェンドの「よよよ」さんという人がいます。

家賃1万の部屋で暮らして、自室にテントを張って光熱費を節約している伝説のセミリタイアブロガーですが、こんな言葉を残していました。

セミリタイアを志した時から結婚して円満な家庭を作るゾ!なんて選択肢は捨てましたよ
20代でセミリタイアという偉業を成し遂げるためには捨てざるを得ない選択でした

出典:https://jinseiyoyoyo.hatenablog.com/entry/2018/04/27/070000

これは、本当にそうだなと思います。

20代でセミリタイアを目指すならば、徹底した節約と給料のほとんどを投資に回す覚悟が必要です。

それでも29歳、高卒から働いていらっしゃるので18歳から11年近く労働に時間を捧げなければいけないのです。

セミリタイアは甘くないです。貯蓄を増やすには収入を増やすか支出を減らすかの二択しかありません。金持ちの家に生まれて相続でもしない限り、この宿命からは逃れられない。

年900万もらっている先輩が新築のローンで借金生活ですからね。

収入よりもセミリタイアには必要な要素があります。
それが本気であることです。

正社員→アルバイト→無職

このセミリタイア黄金ルートを、転落人生ととらえるか幸福に続く道だと思うか。

常識から外れた世界にセミリタイア界隈はあります。
いい大学入って、良い企業入って、結婚して結婚式してハネムーン行って、自分が住む用の家や車を買って、そんなフツーの人生に囚われていてはたどり着けない世界です。

同期を見ていると、実際にセミリタイアできるのは黒うさぎだけだろうなと分かってしまいます。

人の行く裏に道あり花の山

コメント

タイトルとURLをコピーしました