ネットの薬剤師叩きや不要論について、薬剤師免許を持っているけど使わない私が解説する

スポンサーリンク
未分類

薬剤師はネットで「いらない」「袋詰め職人」「医者の言う通りに薬出すだけ」「病院で言ったのになんども同じことを言わせるな」などと叩かれています。

私は薬剤師免許を保有していますが、薬剤師叩きを見て薬剤師として働く未来に希望を抱けず、薬剤師とは関係ない仕事に就きました。

薬剤師叩きに最も多いのが、何故医者が出す薬をそのまま袋詰めするだけの職業が必要なのかという薬剤師そのものの不要論です。

これは間違っていると言わざるを得ません。

その理由は、医薬分業の歴史にあります。
1980年代に医療費抑制を目的に医薬分業の政策は推進されました。
何故医薬分業が医療費抑制に繋がるのかと言えば、医者と製薬企業の癒着を防ぐことにあります。
センシティブな話題なので語られることは多くありませんが、昔は薬価差益で稼ぐということができる時代でした。薬価差益とは仕入れ値と公定価格との差です。飲食で言うところの原価と販売価格の差ですね。

薬価差益で稼ぐには高い薬を出したり、薬をたくさん処方すれば儲かる仕組みです。
はっきり言ってしまえば、儲けるためにいらない薬や無駄に高い薬をバンバン処方していたわけです。院内処方なので自分で書いた処方箋で自分の病院が儲かるというマッチポンプが可能だったわけです。

で、これが医薬分業になるとどうなるのかと言えば
医者が無駄に高い薬や不要な薬をバンバン処方しても、院外なので儲けは病院に入らなくなります。すると高い薬や無駄な薬をたくさん出すメリットが無くなりますね?

一方で薬剤師は日本では処方権が無いので自分で処方される薬を決めることができません。
こうして医療費が抑制できるわけです。

欧米では医薬分業は当然のように行われ、日本が参考にしてきたドイツの医療でも外来患者の処方箋は全て院外に発行されるなど医薬分業が常識の世界です。アメリカやフランスでもリフィル処方箋という仕組みに基づいて薬剤師の判断で薬を出せるし、イギリスやカナダでも処方権が薬剤師にあります。全て・・・・・というわけではないですけどね。

ドイツを参考に医療制度を整えてきた歴史があるのに、なんでそこは真似しなかったのか(笑)

でも残念ながら病院のすぐそばに薬局が乱立して、実質的院内処方になっちゃってるわけですが・・・・・・。黒うさぎが実習させていただいた薬局でも、勉強会と称してお医者さんに講演していただき、そこには紹介される製薬企業のMRがいて・・・・・・(*´Д`)

とまぁ、結局処方権を握られている以上、医者と薬剤師が対等な立場で話すなんて机上の空論なんですよね。
私なんて実習生の時にエレベーターに乗っただけで、「〇〇様(お医者さん)が乗りやすいように下におろしておいたのに誰かが乗ったせいで到着が遅れ、〇〇様はいらだっていた」と説教を受けましたからね(笑)

過剰処方による患者の薬漬けや処方ミスの防止という役割が与えられた薬剤師ですが、薬剤師って基本的に寡黙で主義主張を表立ってする人がいないので、袋詰めしか存在意義がないと思われている悲しい職業なのであった・・・・・。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. あおば より:

    こんにちは。
    日本にはそういう背景、歴史があるんですね。
    僕も現役で薬科大を受験しましたが、当時20年ほど前は、偏差値が高いだけでなく、医学部の滑り止めで受ける学生さんも多いせいか、全て不合格でしたw
    結果、地方大学の工学部化学科に入り、現在に至ります。
    最近はいろんな大学で儲かるのか、薬学部を設立してますよね。
    黒うさぎさんのお気持ちもよく分かりますが、学力、偏差値をお持ちなので、余計なお世話ですが、ちょっともったいない感じもします。
    ちなみに黒うさぎさんの会社では、コロナウィルスの影響で給料カットはありませんか?
    ウチは一年間1割カットされそうです…

    • kurousagi より:

      新卒二年目なので給料カットは無いですね
      今の給料カットされたら生きていけない(震え)
      ボーナスで調整が入るかもしれませんね(*´ω`)
      一割カットは辛いですね。そのかわり在宅ができるならばトレードで納得できますが

タイトルとURLをコピーしました