株の暴落とサウジの暴走で響き渡る黒うさぎの断末魔【さよならRDS.BとJXTG】

スポンサーリンク
私事

RDS.Bに集中投資を決めた時


数カ月前

よーし、速攻でセミリタイアするためにRDS.Bに集中投資するぞ!

残業の多い今の仕事を辞めてセミリタイアするため、社畜はRDS.Bに集中投資をすることを決めた。

当時の利回りは6.3%程度。

日本株では4%で高配当と言われる中、圧倒的高利回りだった。

しかし、高利回りには高利回りであるだけの“理由”がある。

高すぎるリスクを取った代償を、その後支払うことになるとも知らず社畜はセミリタイアまでの日数を数えて幸せそうに笑っていた

コロナ騒動


お、おい。マジかよ・・・・・・
含み損が60万こえちまった・・・・・

含み損66万。

それは2018年から投資をしている社畜が今まで抱えたことのない含み損だった。

トランプショックもパウエルショックも経験していた社畜だったが、その頃の資金は今ほど多くなく、またRDS.Bに集中投資するようなリスクも取っていなかった。あの頃は分散投資が大切だという記事を書き、自分も分散投資を行うよう心掛けていた。

しかし、辛すぎる労働環境から速攻でセミリタイアする必要を感じ、石油株に集中投資をするという愚行を犯した。

自分のリスク許容度を超えた完全に失策だった。

手取り18万の人間が66万の含み損を抱えるということ、それは常人に耐えられることではない。

しかし、社畜はどこか他人事のように感じていた。

確かに不安や焦りが生じ、仕事でもミスが多発していたが、どこかで株価は反発するだろうと考えていた。

というのも、コロナショックで石油需要が減少しているということは、コロナウイルスが収束すれば株価は元に戻るということだ。

それを希望に、ナンピン砲を打ち込み果敢に買いで入る。

それが更なる絶望を生み出すとも知らずに・・・・・・

サウジアラビアの暴走


それは、2020年03月08日に入手した情報だった。

「サウジアラビアが原油市場に宣戦布告、1000万バレル超えの増産で価格戦争へ」

OPECと非OPECの決裂によって、サウジアラビアが他の石油企業に対して価格戦争をしかけたのだ。

本来であればコロナウイルスにより石油需要の低迷が予想されるため「減産」しなければならない局面での「増産」

それが石油価格の崩壊を引き起こすことは、勉強嫌いの社畜でも瞬時に理解できた。

石油株に集中投資を進める中で起きてしまった悲劇

いや、必然か?

高すぎるリスクを取った代償を支払う時が来た。

コロナウイルスの収束と共に石油価格が上昇するという前提が崩れ、社畜もまた崩れ落ちた。

あ・・・・・・・あああああああああああああああああ!!!

流れ出る涙と嗚咽

辛い仕事も、セミリタイアのことを思えば頑張れた。

低年収でも、セミリタイアという希望を胸になけなしの資金を株式市場に投入してきた。

怠けず、腐らず、真面目に仕事をして稼いだお金。

それが毎日10万ずつ減っていく恐怖。

それでも株価はいつか戻ると信じて、ここまで耐えてきた。

しかし、前提条件が崩れ社畜の未来は暗く閉ざされた。

懲役45年。

耐えるしかないのか・・・・・・?

おいおい、なんのための黒うさぎ「10種」だい?

・・・・・・・!!!!!!そうか!!!

天啓。

電撃のようにその発想にたどり着いた。

黒うさぎ10種は石油株2種類のリスクヘッジとして化学セクター2種類にも投資をしていたのだ。

三菱ケミカルHLDGSと三菱ガス化学

石油が下がれば石油株の業績も落ちる。
でも石油を輸入して化学製品を生み出す化学セクターは原材料価格の下落で利益を出せるはずだ。

新たな希望の芽が社畜の中で育とうとしていた。

こんどは間違うんじゃないぞ。分散投資、それが大切・・・・・・・

遠く離れた場所で、腕組をしたアリスコリラックマが二人を見つめていた。

その瞳は、聖母マリアのように慈愛に満ちていた・・・・・・

追記:146万損しましたv( ̄Д ̄)v イエイ

ブルブルブルブルwwwアイwwwwアイw┏( ◠‿◠ )┓wwwwww┗( ◠‿◠ )┛ブルwwwwwwベリwwwwアイwww

終わりですね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました