キリンHD株式会社の銘柄分析。ディフェンシブな飲料セクターでそこそこ高配当!

スポンサーリンク
銘柄分析

キリンHDはこんな会社


かつてキリンの株主だった黒うさぎです。

2141.5円で買いに入り、2296.5円で売却しました。

株価はコロナ禍のおかげで下落を続け、ついに2000円を割り込みました。

三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業です。

景気に左右されにくいディフェンシブな飲料セクターであり、「一番搾り」「氷結」「午後の紅茶」「小岩井 純粋りんご」など有名製品を多数保有しています。

氷結ストロングにはいつもお世話になってるわ

飲酒風呂、飲酒ゲーム、飲酒ブログ執筆、飲酒tweet。

最高だ・・・・・・

アルコールには依存性があるのでほどほどの付き合いにしましょうね。

私は午後の紅茶が好きです。

協和キリングループを通して医薬品事業も行っています。

黒うさぎの大学の教授は協和キリン出身でした。そして卒業研究で黒うさぎが単離した物質は協和キリンが先に単離していた・・・・・・

配当金推移


出典:https://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/stock/dividend.html

控えめに言って神ですね。

2011年から配当維持&増配でここまで来ています。

株主還元意識は高いと感じることができます。

配当方針は以下の通り

株主の皆様への適切な利益還元を経営における最重要課題の一つと考えており、1907年の創立以来、毎期欠かさず配当を継続しております。2007年度からは、利益成長と連動性を高め、連結配当性向30%以上を目安とし、成長に応じた配当を実施してきました。各期の業績、実質的利益水準を勘案した連結配当性向及び今後の経営諸施策等を総合的に考慮のうえ、安定した配当を継続的に行うことが、株主の皆様の要請に応えるものと考えております。
2013年度からは平準化EPSに対して30%以上の連結配当性向を目安としておりましたが、さらなる株主還元強化を図るべく2019年度より連結配当性向を30%以上から40%以上に引き上げることとしました。

出典:https://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/stock/dividend.html

配当性向30%の企業は日本に多いですが、40%まで高めてくれるようです。

飲料セクターは化学セクターやハイテクセクターやヘルスケアセクターと異なり莫大な投資を必要としない。余ったお金は株主に返す。しっかりとした株主還元意識を持っているようで安心できます。

素晴らしいですね。

業績推移


出典:https://www.kirinholdings.co.jp/irinfo/finance/highlight.html

え・・・・・・・ディフェンシブとはなんだったのか

2019年は営業利益が877億円と2018年の1983億円と比較して業績が悪化しています。

決算資料を見ましたが「連結事業利益は、1,900億円の計画に対し1,908億円とプラスで着地。 平準化EPS、ROICは、持分法利益の増加や自己株式取得により計画を上回る。 年間配当金は、63円の計画に対し1円増の64円。」と営業利益には触れてなかったのでよくわかりませんでした。

というか「連結事業利益は、1,900億円の計画に対し1,908億円とプラスで着地。」となんか良さげに書いてますけど前年の1993億円と比べて下がってるじゃん・・・・・・(-_-;)

文章で良く見せるテクニックじゃなくて、実際に良くしていただきたい。

数字を見るとオセアニア総合飲料というのが厳しい状況のようです。

中国蒙牛乳業有限公司の子会社マンデー・スムージーにオセアニア総合飲料事業を担うライオンの飲料子会社全株式を譲渡することは11月25日に発表されました。

ライオンの飲料事業(牛乳、乳飲料、ヨーグルト、果汁飲料、氷菓、海外事業)は約456億円で譲渡され、今後はライオン酒類事業を主軸にオセアニア総合飲料事業を展開するようです。

総評


前回の買値2141.5円を給料日に下回っていたら買いたい!

できれば2000円以下で買いたい!

営業利益が急減していることは気になりますが、配当金推移は神がかっています。
それにセクターが飲料とヘルスケアのためコロナ禍に耐性もありそうです。

ビール事業への集中を求めている英ファンド(フランチャイズ・パートナーズ)と現在闘っている真っただ中ですが、英ファンドのそれは誤った判断です。

経営は多角的にするべきで、ビール一本足打法ではキリンの魅力は半減してしまう。
例えば酒税の増加でビールの消費が減ったら英ファンドはどうする気なのか?

キリンが困っている今こそ、私たちのような長期投資家の資金が必要なのかもしれない。

というか、三菱グループは身内を救えよ

2020年03月はキリンを買うことになりそうですね。

美味しい水準まで落ちてきた。

不況はすぐには抜け出せません。平均して11カ月、最長で30カ月。

生活必需品セクターは不況時の投資先に最適です。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました