RDS.Bに集中投資すれば2023年にはセミリタイアできることが分かった

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

黒うさぎは現在、黒うさぎ10種(RDS.B,RIO,BHP,三菱ケミカルHLDGS,三菱商事,三菱瓦斯化学,三菱UFJフィナンシャルグループ,三菱UFJリース,AGC,JXTG)に投資を行っていますがRDS.Bに集中投資をすることで2023年09月にセミリタイアできることが分かりました。

日本株は基本的に利回り4%程度なのですが、RDS.Bは利回りが6.3%近くあるのでセミリタイアがぐっと近づくのです。

ちなみにRDS.Bは配当金が3.76USDであるため、利回り6.3%ならば59.68USDで購入することになります。米国株の手数料が税込み0.495%であることから59.38USDで購入すれば手数料込みで59.68USDになります。

ということで、今後は59.38USD以下でRDS.Bに指値を入れようと思います。

今後収入が入ったら、迷いなくRDS.Bに全額投資します。

RDS.Bの利回りを他の黒うさぎ10種構成銘柄が超えたら、それに投資します。また、RDS.Bの配当が下がるか株価が上がって利回りが低下しても他の銘柄に投資します。それ以外は全力でRDS.Bを買います。

株式投資の基本は分散投資であり、読者様には集中投資はおススメしません。

では何故、黒うさぎは他人には進めないRDS.Bへの集中投資を行うのか?

答えは、仕事が辛すぎるからです。

達成できる気がしない目標、利回り4%では遠すぎるセミリタイアまでの期間、サービス残業している先輩たちを見て自分の将来を悲観する日々。それらから一刻も早く解放されたい。

1秒でも早くセミリタイアするためにRDS.Bへの投資を検討しています。堅実な投資手法ではありませんが、自分の体と心を守るために必要なことだと判断しました。

分散投資は、セミリタイア達成後に行います。セミリタイアしても投資を続けるつもりなので。

2023年09月までに退職するには

今(記事執筆時点) →不労所得年間18万
2020年12月→不労所得年間40万
2021年12月→不労所得年間66万
2022年12月→不労所得年間92万
2023年12月→不労所得年間120万。セミリタイア達成

という予定です。

一年目は40万-18万5631円=21万4369円ということで21万4369円不労所得を増やす必要があります。

これを利回り6.3%で計算すると340万2682円を投資に回す必要があります。

残業込みで月給20万×12カ月+ボーナス120万=360万・・・・・・

これに現在の余力28万と今年受け取る配当金を考えれば、十分達成可能な水準なんじゃないかなと思います。

2年目以降は26万円毎年配当金を高める予定のため、412万を投資に回す必要があります。ボーナスupで年間170万円+月給据え置き20万円×12カ月=410万円。後は配当金40万円をつぎ込むことで達成できる計算です。

3年目以降は配当金も増えているので2年目さえクリアできればそのままの流れで2023年12月のセミリタイアができそうです。

RDS.Bは1945年以降減配しない株主還元の王です。
配当性向が高いことがちょっと気になるけど・・・・・・、セミリタイア達成の3年と11カ月ぐらいの期間は保たれると信じて、いざ進まんRDS.B集中投資への道。

地獄の窯は開かれた。

確かに計算上は2023年12月にセミリタイア達成可能。

ただ、それは生活費0でRDS.Bの株価がずっと低迷している前提。

社畜さんのメンタルが貧弱すぎるので仕方ないですね。

闘うしかない。できるとこまで

うう・・・・・・働くの辛いよ。

一刻も早くセミリタイア達成するために節約は頑張る。

RDS.Bにはずっと低迷してもらうしかない。祈ろう神に・・・・・・

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました