「投資したいけどお金ない」は言い訳です。少ない給料で貯金する方法。【貯金0円でも投資はできます】

スポンサーリンク
未分類

少ない給料で貯金する方法の答えを先に言うと、徹底的な節約をする以外にありません。

黒うさぎは手取り18万円の低賃金で働く25歳のサラリーマンであり、同期も同様に手取り18万円で働いています。しかし、同期が100万円も資産が無い中、黒うさぎの資産は600万円を超えています。

その理由の一つが「投資」にあります。黒うさぎは大学生の頃から投資を行っており、今では年間配当金が15万円以上あります。

ですから、「どうやったら黒うさぎみたいに資産を増やせるんだ?」と聞かれれば、毎回「株式投資だよ」と答えています。すると帰ってくる返答は「金が無いから投資はできない」とお決まりのセリフが帰ってきます。

ここでみなさんに考えてほしいことは、投資をしている黒うさぎも投資をしていない同期も、どちらも同じ手取り18万円なわけです。従って、同期が金が無いから投資はできないという言葉は嘘になります。正確に言うならば、彼らは金が無いから投資ができないのではなく、節約できないから投資できないのです。

また、「投資の世界では資金力が重要だから少額だと負ける」と思い込んでいる人もいますが、それは間違いです。投資の世界では資金力と同じぐらい時間が重視されるため、少額であろうととにかく早めに投資を開始することが重要です。実際、投資は今の時代100円から投資できます。極論を言えば楽天ポイント100ポイントから投資できるため、楽天ポイントは楽天チェックなどで無料で100ポイント簡単に手に入れられるので、0円から投資ができるということになります。0円から投資ができるのに、金が無いから投資ができないというのは言い訳でしかありません

また、資金力が重要という言葉は日本人に広まっているようで、退職後なけなしの退職金を市場にぶちこむ老人が日本人投資家のメイン層となっています。しかし、彼らは当然今まで投資の経験が無いためカモにされ、資金を溶かして市場から退場し棺桶に入ります。経験値を積むという意味でも、むしろ少額から投資をスタートした方が良い

さて、黒うさぎと同期の間では既に6倍以上の差が開いているわけですが、投資以外にどこで差が開いているのかと言えば節約です。

具体的には、黒うさぎは車を保有していません。同期連中はド田舎で暮らすには車が必須という謎な思い込みがあるようで車を保有しているのですが、黒うさぎは車無しで普通に暮らしています。「田舎は車社会」という思い込みが彼らの生活を苦しいものにしているのです。ド田舎勤務に当たり同期は車の購入・ガソリン代・車検などなどで200万円近い出費があるようです。

特に恐ろしいのが車は継続的にお金がかかるという点です。投資界隈ではキャッシュフローと言うお金の流れを重視しますが、車の維持費のような負のキャッシュフローは長期的に見て最も害悪です。高い買い物は買う際に躊躇しますが、こまごまとした固定費には節約の手が届きにくいものです。この維持費によって、黒うさぎと同期の差は毎月開いていきます。

そして二番目に、黒うさぎは独り身です。ド田舎特有の結婚が速いという特徴のため、既に同棲してたりする人たちがいるわけですが、黒うさぎにはそういった出費が一切ありません。(悲しいことですが・・・・・・)ド田舎のため遠距離恋愛しているカップルも多いのですが、会いに行くのに片道1万円かけて会いに行っているようです。毎週末会いに行ったら8万円の出費、そこでさらにご飯をおごったりすれば10万円は超える出費になります。

もうすでに車と恋人で320万円ほどの差が出てしまったわけですが、さらに黒うさぎは同期を圧倒する節約をしています。具体的には昼飯を食べていません。昼飯を抜くことで一食500円×30日=15000円の節約に成功しています。さらには楽天ポイントを無料で貯めることを極めているため、楽天モバイルの支払いは常に0円です。加えて独身で定められた地点に暮らすことで得られる福利厚生をフル活用しています。

投資での利益に加えて、こうした徹底的な節約により資金を増やすことに成功しているわけです。

実際に、黒うさぎは手取り18万と日本人の平均以下の収入でありながら、毎月不労所得を1万円増やしています。

「投資したいけどお金ない」は言い訳です。徹底した節約と投資によりガンガン稼ぎましょう。

逃げ出そう、労働地獄から

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました