【東証マザーズ】オイシックスラ大地について株価推移/株主優待/売上高など銘柄分析。

スポンサーリンク
銘柄分析

黒うさぎです。

東証マザーズは現在、上場ゴールが蔓延しています。かつてはベンチャー企業の登竜門としてライブドアやサイバーエージェントなどを世に送り出してきた市場ではあるものの、上場ゴール(新規上場時についた初値をいつまで経っても上回らない銘柄など)が蔓延しています。

時価総額が低く、テンバガーを狙うには絶好の市場ではあるものの、東証一部と比較にならないほど自身の審美眼が必要となります。

本日は、そんな東証マザーズに上場するオイシックス・ラ・大地について銘柄分析を行います。

1.オイシックス・ラ・大地の概要
2.業績推移
3.配当金推移と総評

 

1.
オイシックス・ラ・大地の概要
オイシックス・ラ・大地は東証マザーズに上場している企業で、2000年6月に設立された企業です。
上場自体は2013年3月13日と比較的最近であり、証券コードは3812。
例年6月下旬に株主総会が行われ、毎年9月30日に100株以上保有している株主に株主優待があります。
株主優待はクラフトマーケット from USA(クラフトマーケットで人気の「YES BAR」を始め、日本発上陸の商品を集めたアメリカスタートアップ企業の商品セット)かクラフトマーケット from Japan(クラフトマーケットで人気のごはんのお供と、新米のセット )を選択できます。
出典:https://www.oisixradaichi.co.jp/investors/stock/benefit/

上記画像はクラフトマーケット from USAのハスパフ(ハスの種子を原料としたノンアレルゲンスナック) です。クラフトマーケット from USAでは他にも植物ベース・グルテンフリーのスナックバー(YES BAR)が貰えるようです。

クラフトマーケット from Japanは「福島県産コシヒカリ」、「おにぎり味噌 唐辛子」、「ぬかふりかけ NUKA 365」が貰えるようです。

2.
業績推移
出典:http://www.ullet.com/search/market/3.html
オイシックス・ラ・大地はマザーズの売上高ランキング三位に位置する企業です。
出典:https://www.oisixradaichi.co.jp/investors/performance/
恐ろしいほど営業利益が2019年に伸びています。チャートは基本的に右肩上がり。主力ブランド「オイシックス」の会員数が伸長したほか、らでぃっしゅぼーやを子会社化したことにより利益が伸びているようです。
らでぃっしゅぼーやの子会社化によって法人税軽減効果が約12億円得られたとのこと。
出典:https://www.oisixradaichi.co.jp/investors/performance/
売上高も綺麗な右肩上がり、売上高・利益ともに右肩上がりであることから経営に問題はなさそうです。無理して利益を出しているというわけでもなく、かなり安定しています。

業績推移はかなり良好!

2019年の好決算によって一気に上昇したものの、じわじわと下がってきました。

3.
配当金推移と総評
株主還元方針は以下の通りです。
財務体質の強化並びに将来の事業展開に備えるため、配当可能利益を全額内部留保とし、配当を 実施しておりません。しかしながら、株主に対する利益還元については経営の最重要課題の一つと位置付けておりますので、事業規模や収益の安定性等も鑑み、経営成績・財政状態を勘案しながら、株主への利益配当を検討していく方針であります。 なお、当社は、剰余金を配当する場合には、期末配当の年1回を基本的な方針としておりますが、会社法第454条 第5項に規定する中間配当制度を採用しており、配当の決定機関は、期末配当及び中間配当のいずれも取締役会である旨を定款に定めております。 内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、企業体質の強化及び将来の事業展開 のための財源として利用していく予定であります。
出典:https://www.oisixradaichi.co.jp/investors/stock/benefit/
残念、今は無配企業のようです。しかし利益配当を検討はしているようなのです。

無配企業には、黒うさぎたちは投資できないな・・・・・・

株主優待じゃなくて配当金で還元するようにしてほしいところ(参照→コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス株主優待廃止から学ぶ株主優待のデメリット。

総評としては、業績は素晴らしいです!売上高・営業利益ともに文句の付け所がありません。

配当が無いことは残念ですが、マザーズの企業に配当を期待する人も少ないでしょう。
ただ株主優待はいらないです。株主優待をつける余力があるなら配当金で還元してください。(優待は再投資できないので複利の力を得ることができない。参照→【複利】配当再投資の全て、このページを見れば配当再投資が完全に分かる【銘柄数】

株価の値上がり益を取る投資家は投資をしても良いと思います。黒うさぎたちは配当再投資家なので手を出しませんが。

よかったらTwitterで記事をシェアしてくださるとうれしいです

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました