真の長期投資家を目指して。セミリタイア達成まで、もう株の売却はしません。

スポンサーリンク
未分類

日本の税制はめちゃくちゃ複雑です。

前回、年間20万円を下回る利食いなら税金はかからないと説明しましたが(参照→特定口座源泉徴収ありから源泉徴収なしに変更して所得税を0円・確定申告不要にする方法 )、それは所得税の話で住民税はかかるということをTwitterで教えていただきました。

黒うさぎはお金に関する知識は平均以上であると自負しています。投資をするためにも、記事を書く上でも常日頃から情報収集をしています。しかし、そんな黒うさぎが気づけない税制の罠。こんなのいったい誰が気づけるのでしょうか?ふざけていると思いました。

「副業で20万円以下は確定申告不要→所得税のことで住民税は別な(笑)」
いやいやいや、合わせろよと言いたい。なんでそこ別々にしたの?こんなの罠じゃん。これで犯罪者扱いされたらたまったもんじゃないですね。普通に税制がおかしいですよ。システムが複雑すぎてユーザービリティを一切考えていないお役所仕事ですね完全に。

少なくとも普通の人は気づけないと思います。年間二十万以下なら確定申告不要であるという認識が大半だと思います。

まぁ、今回20万円以下の利食いであろうと税金がかかることが分かったので、今後は利食いしないことで税金の支払いから逃れようと思います。

元から、いつかは株の売買から身を引く必要性を感じていました。配当再投資家を自称しながらデイトレードにいそしんでいたのでは意味が分かりませんからね。真の長期投資家になるためにも、ちょうどいいきっかけになりました。

それに暇もありません。現在週休2日で働く一人暮らしの黒うさぎはお役所の手続きをするほど暇が無いのです。なのでセミリタイアするまで利食い0で行こうと思います。

セミリタイア後は暇ができるので、デイトレードしつつ確定申告という感じで行こうと思います。

やっぱり週休3日はどう考えても必要ですね。

配当金は20%取られるわけですが、NISAという手段は活用しているので、もうこれ以上逃れるすべがありあせん。やれるべきことはやっているので、仕方ないと諦めます。

極み人は配当金の税からも逃れるために海外に移住したりしているようですね。いつか黒うさぎも海外移住する必要があるかもしれません。

以上をまとめると

●20万円以下確定申告不要は所得税の話で住民税は別。

●日本の税制は複雑すぎてユーザーのことを一切考えていない。

●住民税からも逃れるために、今後はセミリタイア達成まで利益確定しない。

ということです。

今後は一切利食いをしないので、「特定口座源泉徴収有り」に変えようかな?

日本の税制はユーザーのことを一切考えていない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました