特定口座源泉徴収ありから源泉徴収なしに変更して所得税を0円・確定申告不要にする方法

スポンサーリンク
投資の裏ワザ

黒うさぎです。

配当再投資家はただでさえ毎回の配当金に20%近く税金を取られています。リターンを最大化するためには、できるだけ節税をする必要があります。

節税の方法はいくつかあります。一般NISAで年間120万円の投資を非課税にする方法は有名ですが、特定口座源泉徴収なしで利食い20万円を非課税にする方法はあまり知られていません。

特定口座を選択すると、源泉徴収あり・なしに関わらず証券会社等が売却損益の計算を行います。源泉徴収あり・なしの違いは確定申告をする必要があるか無いかの違いです。

源泉徴収ありを選択した場合は自動的に税金を売却代金から差し引かれるため、確定申告不要となります。この確定申告不要というメリットをネット上ではめちゃくちゃ強調されるため、多くの方は源泉徴収ありを選択して払う必要のない税金を支払っています。

ちなみに源泉徴収ありを選択した場合は、年間トータルで売却損だったりすると他の口座の損益や配当との通算で確定申告した方がお得な場合もあります。

では、源泉徴収なしを選んだ場合はどうでしょうか?確定申告が必要?いいえ、源泉徴収なしを選んでも確定申告不要で税金を納める必要もない方法があります。

その方法の根拠は、年間の譲渡所得が20万円以下なら税金を納付しないでOK、ということにあります。とどのつまり利食いと損切りの結果+20万円以下に収めることで確定申告不要、税金を納める必要もないということになります。

黒うさぎは配当再投資を進めているわけですが、配当再投資ではバイ&ホールド(買ったら売らない)が基本になります。すると、20万円どころか1円も利益確定しないなんてことが普通に起こりえるわけです。

一方で黒うさぎは適度にデイトレードもしています。(ちなみに統計上デイトレードは勝てない投資手法→【手数料の罠】売買が頻繁であればあるほど損をする【デイトレードでは生き残れない】 )デイトレードは長期投資すると決めた10種で行い、下がっても安心して保有継続できる銘柄でのみやっています。デイトレードのナンピンと利食いにより平均取得価格を下げることができます。

ちなみに配当金は勝手に税金を引かれるため、ここでいう20万円に含めないでOKです。つまり、この利食いを20万円までに抑える手法は配当再投資に最適化されているということです。逆に言えば、値上がり益を狙う手法ではこの節税の裏ワザは使えません。(可哀そう・・・・・・)

そこで気を付けていることが、年間の利食いが20万円を超えないようにするということです。

一般NISAで年間120万円の投資を非課税にし、特定口座源泉徴収なしを選択して利益確定を20万円に収めることで利益確定分を非課税にし、確定申告も不要の最強裏ワザ、是非みなさんもお試しください。

現代の貧困は無知への罰。

使える制度は全て使っていくべき。

知識を高めて合法的に資金を増やそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました