【投資日誌】特定口座からNISA口座に三菱ケミカルHLDGSを移行する作戦、成功!

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

2020年になり、NISA口座の余力が復活しました。NISA口座は毎年120万円非課税枠が使えます。

そこで、特定口座の銘柄を売却し、NISA口座で買い戻すという作戦を実施しました。
これにより20.315%(所得税15.315%+住民税5%)の税金を納めなくて済みます。

2020年01月14日に三菱ケミカルHLDGSを特定口座で500株売却して利食い、同じように500株NISA口座で買い戻すことができました。

結果として
NISA口座で1800株 平均取得価格827.35円。
特定口座で100株 平均取得価格814.5円。

となりました。

100株特定口座で残したのは目安とするためです。814.5円以上では買わないぞという意思表示です。

余力は20万円ありますが、これは来月以降の買いに回そうと思います。
次のボーナスが7月に受け取れるため、2~6月の5カ月で20万を割ると各月4万円

黒うさぎは手取り18万程度で残業を合わせて20万ぐらい。+4万で24万として、利回り4.2%以上の銘柄を購入すれば毎月1万円不労所得を増やすことができます。

きっついなぁ・・・・・・

余力が無さすぎてキツイ

今年の6月には3月配当落ちする銘柄から配当金を受け取れる

そう考えたら2~5月までを耐えればいいんじゃないか?

なるほど。それなら残業合わせた手取り20万+今の余力を4カ月で割った5万=25万円を投資に回せるのか。それならいけそうな気がする。

無理して毎月1万増やさなくても、今年の年間配当金24万は達成できそうだけどね。1月のポートフォリオの段階で121100円+434.32USDだから。

三菱ケミカルHLDGSの材料であるmuse細胞は今年の中頃に進展がありそうです。(参照→Muse細胞の治験について、今年の中頃には脳梗塞などの主要なデータが出るらしい。生命科学インスティチュートの社長挨拶を読み解く

それゆえに三菱ケミカルHLDGSをできるだけ集めておきたいと黒うさぎは考えています。特に3月は配当落ちする月であるため、それまでにNISAでできるだけ保有数を増やしておきたい。

利回りは4.89%もある高利回りで、muse細胞がうまくいかなかったとしても今の三菱ケミカルHLDGSが続くだけであり、2020年度コア営業利益は4,100億円を見込んでいるため(参照→【高配当】三菱ケミカルHLDGSの銘柄分析。日本最大の化学会社【三菱ケミカルホールディングス】 )、それを信じたい。

ちなみにNISA買付可能額は残り550200円です。フルインベストをすれば3月の配当落ちまでに全額使い切れそうです。かなり悩ましいところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました