なぜ20代でセミリタイアを目指すのかについて語るブログ

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

世界はこれが幸せですと定義されている。だけど本当は、私たちの幸せは私たちが決められる。

黒うさぎは本気で20代でセミリタイアするために日々努力しています。給与所得の100%、配当金の100%を株式の購入に充て、一切の妥協無く配当再投資を継続しています。また、その経過をブログで公開することにより定期的に自分の資産推移を評価し、投資や節約について軌道修正をしています。(生活資金は貯金を切り崩している)

なぜ20代と働き始めたばかりで黒うさぎはセミリタイアを目指すのか、その答えは若いころでしか得られない幸せがあるからです。

皆さんに考えてほしいことは、週5日働いて、土曜日はくたくたになって体を休めて、日曜日だけが休息の人生が果たして幸福か、ということです。黒うさぎには到底そうは思えない。65過ぎてようやく自分の人生が始まって、その時何かを始めようとしても体は衰えているし、もう棺桶に片足を突っ込んでいる。

黒うさぎがぞっとしたのは、上の人が飲み会でも仕事の話しかしないことです。
もっと正確な言葉で表現しましょう。何十年と仕事をしてきた人たちが、仕事の場以外でも仕事の話しかできないことに恐怖を感じました。

当たり前です。週5で働いて、残業もこなして、そんな生活を何十年も続ければ個性も消されて仕事人間に変えられてしまう。でも、その人生は本当に彼らが望んで歩んだ道なのでしょうか?

お金が無いから仕方なく選んだ道なのではないでしょうか?気づいたらもう引き返すことができない歳になっていた、リタイアできるほど資金が無かった、仕事が忙しすぎて考える暇もなくたどり着いてしまった消極的な道なのではないでしょうか?

黒うさぎは現在25歳、社会人一年目から資産を貯めてセミリタイアすることを決意しました。そんな人間は周りにいません。同期にセミリタイアについて話しても変わってるなとしか思われないし、投資なんて確定拠出年金しかやっていない。孤独な戦いですが、意思を貫いてセミリタイアを達成するつもりです。

そもそも、私たちはそんなにお金はいらない
このことに気づいていない人が多すぎると思います。手取り120万円もあれば十分生きていくことが可能です。それなのに年収600万だの年収1000万だの何がしたいのでしょう?そんなにお金が無いとあなたの好きなことはできないのでしょうか?その高級な腕時計・高級車・ブランド物の服、本当に必要ですか?本当にあなたが欲しいものでしょうか?

世界はこれが幸せですと定義されている。だけど本当は、私たちの幸せは私たちが決められる。

私は晴れた日に河原で横になって青い空を見たり、地元の猫を見たり、走ったり、植物を育てたり、家でアニメ見てゲームしたり、そういったことに幸せを感じます。

車も家も子供も欲しくない。

4大コストと言われるものがあります。世間一般では、これを持つことが「人並」で「幸福」であるとされています。

家族・家・結婚式・車

しかし黒うさぎは家も結婚式も車も欲しくない。結婚はしたいけど・・・・・・
まぁ無いなら無いでいいかなと最近は考えています。

何故なら働くことが辛すぎるから。

働きたくない気持ち>家族が欲しい気持ち>家・結婚式・車が欲しい気持ち

一人暮らしで家も車も不要となると、お金ってそんなに必要ないんですよね。

願望のパワーバランスがこうなっているため、他の一切をかなぐり捨てて黒うさぎはセミリタイアに向けて配当再投資に邁進しています。楽をするために今頑張っています。

まさに、怠惰を求めて勤勉に行き着く。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました