日本郵船を元株主が銘柄分析、株主優待は飛鳥クルーズ、配当利回りは微妙

スポンサーリンク
銘柄分析

1.日本郵船の概要
2.日本郵船の業績推移
3.日本郵船の配当金推移
4.総評

1.
日本郵船の概要~三菱グループの源流企業~
黒うさぎは日本郵船の元株主です。
日本郵船という名前からは分かりづらいですが、日本株は三菱グループしか買わない黒うさぎが購入していたことから分かる通り、日本郵船も三菱グループの一員です。
三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業であり、設立は1885年にまでさかのぼります。

明治時代から続く企業!

なかなかお目にかかれない老舗です。

独断でビザを発給し、ホロコーストを逃れる多くのユダヤ人の命を救った杉原千畝の名前は知られていますが、その際に日本郵船が協力していたことはあまり知られていません。

神奈川県横浜市にある日本郵船歴史博物館では「浅間丸」「鎌倉丸」の模型等の展示を楽しむことができます。

出典:http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=8
2.
日本郵船の業績推移
出典:https://www.nyk.com/ir/financial/highlights/
売り上げは下がっていますが、利益は伸びています。

大企業病の逆だ!

大企業のはずなのに何故???

LNG船で長期契約上積みとバラ積み船の市況回復で営業増益幅が拡大したと説明されています。

出典:https://www.nyk.com/ir/financial/highlights/segment/

セグメント別売上高構成比率です。不定期船が一番大きく44.1%、二番手は物流の27.6%です。

いろいろ書いてあるけど、要するに物流ってことだよね。

意外性はない。

 

3.
日本郵船の配当金推移
株主還元の方針は以下の通りです。
当社では、株主の皆様への安定的な利益還元を経営上の最重要課題のひとつとして位置付けております。将来の市況変動に耐え得る内部留保の水準等も勘案し、利益配分を決定する方針です。
出典:https://www.nyk.com/ir/stock/dividends/
内部留保の水準等を勘案し」、はい出ました黒うさぎが大嫌いな言葉です。日本企業は内部留保をどれだけ蓄えれば気が済むんだ・・・・・・!
出典:https://www.nyk.com/ir/stock/dividends/
一株配当(予想)は40円で1982円の株価に対して利回りは2.02%です。

直近で増配しているのは高評価!

ただ利回り低い・・・・・・

 

4.
総評
総評の前に、みんな大好き株主優待の情報です。
日本郵船の株主優待は飛鳥クルーズの優待割引券です。
100株以上500株未満は3枚、500株以上1,000株未満は6枚、1,000株以上は10枚もらえます。
優待割引券1枚につき1クルーズ1名様10%の割引を受けることができます。

大切な人とロマンチックなクルーズを楽しみたい人にぴったり

俺は大切な人とかいないから手放しました(寂しい男感)

元気出せよ社畜・・・・・・

総評としては、業績も配当も最近は調子が良いようです。海運で国内首位であることも魅力的だし、三菱グループであることから黒うさぎの投資対象になる可能性は高い。

しかし、いかんせん株主優待の使いどころがない。

独身男が1クルーズ1名様10%の割引を3枚貰ってもむなしいだけです。

誰か大切な人ができたら購入するのもアリかもしれないと思いました。

You’ll never find a rainbow if you’re looking down. ( ̄ー ̄)bグッ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました