2019-12

スポンサーリンク
未分類

ソフトバンクグループの第三の爆弾OYO LIFE!「孫正義 もっと狂え!本気で狂え!」→本気で狂った結果ウィーワーク・ワグと次々に投資失敗。

OYO LIFEのビジネスモデルはビジネスモデルは、既存の賃貸物件を借り上げて転貸する「サブリース」、つまりただの又貸しです。 普通不動産を借りる場合は オーナー→仲介業者→入居希望者 となります。 ここにOYO LIFEが入ると オーナー→仲介業者→OYO LIFE→入居希望者 となります。
未分類

【株価推移】三菱UFJフィナンシャルグループの銘柄分析【配当金推移】

【株価推移】三菱UFJフィナンシャルグループの銘柄分析【配当金推移】 黒うさぎは今でこそ三菱グループ狂いになっていますが、投資初心者の頃は楽天狂いでした。日夜ヤフーファイナンスの楽天の掲示板でレスバをしていました。そこで、銀行業の自己資本比率について勘違いしている人が多々見受けられたので、横ばいのチャートでいうことが無くても載せておきました。 銀行業は自己資本比率が低くて当たり前! なぜなら、金貸しをすれば預金が負債になり自己資本比率が低下するためです。
未分類

【20年連続増配】三菱UFJリースの配当について考えるブログ【銘柄分析】

【20年連続増配】三菱UFJリースの配当について考えるブログ【銘柄分析】 前期配当性向は30.4% 20期連続増配しておいてまだ30.4%であることに驚きを隠せません。
スポンサーリンク
未分類

Q.株の売り時はいつ?→A.売らない

Q.株の売り時はいつ?→A.売らない 1979年に106.16だったS&P500は2019年には3133.64になっているわけで、比率にして2851%上昇しています。 それを20%で利益確定するってギャグ? 何故日本に長期投資が根付かないのかと言えば、日本株に投資しても儲からなかったからです。バブル時の日経平均38957円を未だに抜けず、失われた30年目に突入しようとしている日本の株式市場を見て、長期投資しろと言っても無理な話です。黒うさぎのような株オタクで配当再投資のシュミレーションを繰り返し、行けるやん!と日本株で長期投資を始める人間は少数派です。
ポートフォリオ

【高配当】セミリタイアに向けたポートフォリオ2019年12月

【高配当】セミリタイアに向けたポートフォリオ2019年12月 年間配当金は109800円+302.72USDとなりました。先月から6100円増え、43.68USD増加しました。108.87 円 / USDのレートで計算すると10855円増加しました。
未分類

【ムン君】韓国経済が終わっている理由。理より感情を優先した結果【上を叩いても下は上がらない】

【ムン君】韓国経済が終わっている理由。理より感情を優先した結果【上を叩いても下は上がらない】韓国経済には3つの問題点があります。それは物価安・株安・通貨安の3安です。まるでリーマンショック後の日本みたいですね、あの時は円高(通貨高)でしたが。 まぁ通貨安はデメリットもあればメリットもあるから大した問題じゃない。ぶっちゃけ3安って言いたかっただけです。輸出企業からすれば通貨安の方が助かりますからね。 李明博政権時には「落水効果政策」という財閥優遇政策を行っており、これがうまく回っていました。ちなみに落水とは30大財閥という上が富むことによって、したたり落ちる水のように末端まで富んでいくという感じの意味です。 一方でムン君は李明博政権とは真逆の下から上げていく方針を取りました。2年間で最低賃金を3割増やすなどの政策を行ったわけです。その結果どうなったかと言うと、
未分類

【高配当】AGCの銘柄分析。世界最大手のガラスメーカー【旧:旭硝子】

【高配当】AGCの銘柄分析。世界最大手のガラスメーカー【旧:旭硝子】 2006・2007年あたりをピークに下落してから戻り切れていません。 2008年9月15日のリーマンショックから立ち直れていないと言う印象です。2012年ごろからヨコヨコしていますが直近は上昇基調です。 黒うさぎは2994円で保有していますが、現在3920円であることを考えると極めて幸運でした。
未分類

【高配当】JXTGホールディングスの銘柄分析。日本最大の石油元売【ENEOSホールディングス】

1.初めに~JXTGホールディングスの概要~ 2.JXTGホールディングスの株価とチャート 3.JXTGホールディングスの基礎データ 4.配当金推移 1. 初めに~JXTGホールディングスの概要~ ...
未分類

【朗報】BHPビリトンのADR管理手数料を調べてみたら0!?【BHP】

黒うさぎです。 本日はBHPビリトンのADR管理手数料について調べたいと思います。 BHPビリトンは資源メジャーとして有名な高配当オーストラリア株です。オーストラリア株であるため現地源泉徴収税率は0です。 黒うさぎは保有していません。...
未分類

1300株保有する投資家が三菱ケミカルホールディングスの屋台骨「三菱ケミカル」を分析

1100株保有する投資家が三菱ケミカルホールディングスの屋台骨「三菱ケミカル」を分析 太陽光を必要としない完全閉鎖型植物工場と、太陽光の補助として人工灯を使用する太陽光併用型植物工場に大別され、レタスなどが作れるようです。実際に東京都港区や中国の北京市通州区で施工事例もあるようです。 ただ、調べたところ、植物工場の半数が赤字のようで、winwinの関係はまだまだ遠いようです。 問題点はいくつかあり、初期投資がかかるため野菜が割高になることや、継続的に光熱水道費がかかるなどの問題があるようです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました