三菱UFJがインドネシア中堅銀行バンクダナモンの株価2000億円特損も買い場でしかない理由

スポンサーリンク
未分類

三菱UFJフィナンシャル・グループが2019/12/30に2019年4~12月期の連結決算で2074億円の特別損失を発表しました。原因は4月末に買収したインドネシア中堅銀行バンクダナモンの株価が下がっているためとされています。

三菱UFJフィナンシャルグループについての銘柄分析は→【株価推移】三菱UFJフィナンシャルグループの銘柄分析【配当金推移】 

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は2019年4~12月期の連結決算で2074億円の特別損失を計上すると発表した。4月末に買収したインドネシア中堅銀行バンクダナモンの株価が下落し、減損処理が必要になった。MUFGは会計ルールに沿って、買収金額と対象企業の純資産の差額である「のれん」を前倒しで一括償却する。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53993670Q9A231C1NN1000/

三菱UFJは黒うさぎ10種の一つであり、黒うさぎも100株保有しています。

買値からずいぶん上にいってしまったため下落のタイミングを待っていましたが、新年早々そのタイミングが訪れようとしています。

今回の下げは、黒うさぎにとって単なる買い場でしかありません。

まず20年3月期の連結純利益9000億円の予想に対して変更が無いこと、次に、配当や自社株買いの方針は変わらないということが理由として挙げられます。

三菱UFJが発行するcoinに対する期待もあります。(参照→三菱UFJフィナンシャルグループのcoinについて100株株主が語る。【リクルートHDと新会社設立】

さらに株価が下落しているバンクダナモンですが、18年12月期の純利益は前の期に比べ6.5%増の3兆9200億ルピア(約300億円)で良好な業績推移です。

業績が良くても株価が下がることは普通にあること

良い業績が続けば、株価も適正なバリエーションに収束される。

適正なバリエーションと言えば、三菱UFJフィナンシャルグループの現在のPBRは0.46倍。適正水準がPBR1倍と言われているからまだまだ割安なんだよな。

効率的市場仮説からすればPBRもPERも無意味ですけどね。

市場は常に間違っているよ。そうじゃなきゃ割安も割高も存在しない。

三菱UFJフィナンシャルグループはバンクダナモンの発行済み株式数の94%を保有しており、6800億円程度を投資しています。

今回バンクダナモンが業績好調であるにも関わらず急落した理由は株価指数構成銘柄から外れたことが要因のようです。4月30日に8850ルピアだった株価は、12月30日の終値には3950ルピアとなっており、三菱UFJフィナンシャルグループは高い買い物をしたことになりそうです。

ただ、株価が下落しただけで企業の本質的価値が変わっていないのであれば、まだ慌てる時間じゃないという感じです。

ようやく買い場が訪れるのか。遠かった・・・・・・

黒うさぎたちの平均取得価格495円だから、100円ぐらい下落しないと高値追いになるぞ。終値593.2円だから16%以上落ちてほしいところ

結局のところ買い場は訪れなさそうですね・・・・・・(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました