JXTGホールディングス、ENEOSホールディングスに変わる

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

JXTGホールディングスは黒うさぎが100株保有する銘柄ですが、この度ENEOSホールディングスに社名変更するようです。

石油元売り最大手のJXTGホールディングスは、ガソリンスタンドのブランドに合わせて、会社名を「ENEOSホールディングス」に変更することになりました。
JXTGホールディングスは、おととし「JXホールディングス」と「東燃ゼネラル石油」が経営統合して発足した石油元売りの最大手です。

東燃ゼネラルが展開していた「エッソ」や「モービル」などのガソリンスタンドを、ことし6月までにJXの「ENEOS」に統一していて、会社名もブランドと同じにすることになりました。

来年6月に予定している株主総会での承認を経て、正式に会社名を変更することにしています。

これについて会社では「今後、さまざまな新規事業に進出していく上で、消費者になじみがあるブランド名を使っていくほうがよいと判断した」と話しています。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191128/k10012194481000.html

要約すると

JXTGホールディングス株式会社 →ENEOSホールディングス株式会社

JXTGエネルギー株式会社 →ENEOS株式会社

になるということです。

「ENEOS」は、「ENERGY/エネルギー」と「NEOS/ネオス(ギリシャ語で新しい)」を組み合わせた造語であり、JXTGホールディングス(ENEOSホールディングス)は国内最大の石油元売り企業です。

株価は487円と黒うさぎの平均取得価格480円に近づいており、ナンピンチャンスも近そうです。

ただ、2020年の営業利益は在庫評価影響を除いても2019年と比較して悪いため、実際に買い増すかどうかは判断が分かれるところです。

黒うさぎはセブンシスターズのRDS.Bにも投資しているため、国内一位のJXTGより配当利回りも企業規模も大きいRDS.Bに投資した方がいいんじゃないかとも思います。

株価は石油の市況悪化と共に沈んでいます。ここ三年では底値圏にいることが分かります。

ただ、前述のとおり業績も悪化しているため積極的に買い増しにくい状況です。

しかし、シェール革命で市況が悪化しているとはいえ、石油は現代社会においてまだまだ必要とされるエネルギー源であり、JXTGホールディングス(ENEOSホールディングス)は安泰であると黒うさぎは考えています。

電力源が火力発電から再生エネルギーメインになったら考えるけど、

火力発電メインな現状で石油オワコン論は無視してOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました