【高配当】三菱ケミカルHLDGSの銘柄分析。日本最大の化学会社【三菱ケミカルホールディングス】

スポンサーリンク
三菱ケミカルホールディングス

1.初めに~三菱ケミカルホールディングスの概要~
2.三菱ケミカルホールディングスの株価とチャート
3.三菱ケミカルホールディングスの基礎データ
4.配当金推移

1.

初めに~三菱ケミカルホールディングスの概要~


アリスコリラックマ
アリスコリラックマ

ミツケミの銘柄分析は、私アリスコリラックマがお送りします

 

 

三菱ケミカルホールディングスは国内最大の化学企業です。三菱ケミカルホールディングスの下には三菱ケミカル・田辺三菱製薬・生命科学インスティテュート・太陽日産がぶら下がっています。黒うさぎは現在1100株保有しています。

中期経営計画「APTSIS20」では機能商品、素材、ヘルスケア分野の事業を通じて、高成長・高収益型の企業グループをめざすことを基本方針としています。

ケミカルズの市況リスクを織り込んだ上で、機能商品の成長、産業ガスM&A、合理化進展等により、2020年度コア営業利益は4,100億円を見込むと強気な姿勢です。

安定的な配当を実施するの言葉通り、2011年以降、一度も減配していません。

2.

三菱ケミカルホールディングスの株価とチャート


安定のヨコヨコチャートですね。

2018年には1250円を超える展開もありましたが、直近は800円代で推移しています。

黒うさぎは900円代を体験した後ナンピンナンピンで平均取得価格を下げて現在の平均取得価格は839円です。

アリスコリラックマ
アリスコリラックマ

11/19に平均取得を下回ったので買い増ししました

3.

三菱ケミカルホールディングスの基礎データ


営業利益は2017年が良かったものの、2018年は前年より落ち込みました。

研究開発費は右肩上がりです。

売上自体は2017年よりも2018年の方が高いです。

アリスコリラックマ
アリスコリラックマ

石油の価格は下がっているのに、微妙ですね

4.

配当金推移


配当方針については以下のように記載されています。

当社は、企業価値の向上を通して株主価値の向上を図ることを株主還元の基本方針としており、配当につきましては、今後の事業展開の原資である内部留保の充実を考慮しつつ、中期的な利益水準の30%を連結配当性向の目安とし、安定的に配当を実施することとしております。
出典:https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/ir/stock_info/stock_dividend.html

配当性向30%とは少ないですね・・・・・・

個人的にはもっと出せと言いたいところです。まぁ配当性向30%でも高配当で放置されているので良いですが。

配当金推移は以下の通りです。

2016年から順調に増配が進んでいましたが、2020年に連続増配記録がストップしそうです。残念ながら連続増配にプライドがあるわけではなさそうです。

アリスコリラックマ
アリスコリラックマ

利回りはいいけど、ちょっと心配になりますね

三菱ケミカルホールディングスに関する記事は↓

【下落】三菱ケミカルが田辺三菱の公開買い付けで暴落したので、買い増した

コメント

タイトルとURLをコピーしました