【悲報】GRIF(クジラ)の貸株停止で空売りコストに影響の可能性【株価の吊り上げいい加減にしろ】

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

我々のような配当再投資家にとって、株価の上昇は唾棄すべきものであり、晩年低位株で配当金を絶え間なく吐き出し続ける企業こそ望ましい。

特に黒うさぎは25歳。まだまだ株数を集めるフェーズにあり、株価はしばらく低迷してくれた方が助かる。むしろ○○ショックが来てくれた方が喜ばしい。というより延々と低迷していてくれて構わない、そっちの方が多く株を集められるから受け取り配当金が増える。

そんな私たち配当再投資家を苦しめ、短期勢を助けるのはGRIF通称クジラと呼ばれる年金積立金管理運用独立行政法人。

そんなGRIFが貸株の停止を発表しました。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3日、外国株式の貸し付け運用を停止すると発表した。現行の手法では株式の借り手がどのように議決権を行使するか見通せず、スチュワードシップ責任との整合性を欠くと判断した。貸株は通常、信用取引に用いられるため、空売りコストの上昇につながる可能性がある。日本株は貸株を行っておらず、影響はない。
GPIFは株式での運用比率を引き上げた2014年から、運用会社の判断で外国株の貸し付け運用を行っている。16~18年度の累計収益額は375億円だった。

出典:https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%ef%bd%87%ef%bd%90%ef%bd%89%ef%bd%86の貸株停止、空売り投資会社マディ・ウォーターズが批判/ar-BBXMXxk?ocid=spartanntp

記事を見て驚きました。

え、GRIF君日本株の貸株やってないの?

はぁ~(クソでか溜息)

161兆7622億円(2019年09月末)も運用しているGRIFが貸株しないんじゃ、総資産488万(参照→2019年12月02日の総資産は4885513円でした )の黒うさぎがいくら貸株しても意味ないじゃないですか!

(毎日5円ありがとう!)

これじゃぁ空売り家さんも困ってしまいますよ!空売り家さんと配当再投資家はタッグを組んで株価の下落を喜んでいるのに、クジラと日銀のタッグが強すぎて株価がメキメキ上がっていく。

実際に空売り勢も激おこぷんぷん丸なようです。

GPIFの貸株停止は、ESG(環境・社会・企業統治)投資への取り組みに沿ったものでもあるが、マディ・ウォーターズの創業者カーソン・ブロック氏は電子メールでロイターに対し「われわれこそ、ESGに深く取り組んでいる」と主張し、仏政府の空売りに関する報告書に反論する内容の書簡を取り上げた。
マディ・ウォーターズは、仏政府の報告書について、仏議員に宛てた12月3日付の書簡で、市場の効率性やガバナンスについて重大な誤解があると指摘した。
空売りについては、投資家の過度な期待や企業の問題を一石を投じる効果があるとの声がある一方で、空売り家は株価を急落させて利益をあげることが目的で市場を混乱させるとの批判もある。
ブロック氏は「欧州、特にフランスが空売り規制の強化に固執しているのは理解できない」と述べた。

出典:https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%ef%bd%87%ef%bd%90%ef%bd%89%ef%bd%86の貸株停止、空売り投資会社マディ・ウォーターズが批判/ar-BBXMXxk?ocid=spartanntp

市場のクジラGRIFは株式市場に歪みをもたらしている。

日銀と共に官製相場を作り出し、株価を吊り上げている。

GRIFの運用成績は素晴らしいし、年金を運用するうえでリスク資産(株式)の割合を増やすべきなのは分かる。でも待ってくれ、黒うさぎが必要な株数を集め終わるまで待ってくれ。黒うさぎは社会人一年目で資産があまりないんだ・・・・・・

GRIF、やめてくれ。

その運用方法は私に効く。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました