【20年連続増配】三菱UFJリースの配当について考えるブログ【銘柄分析】

スポンサーリンク
未分類

1.三菱UFJリースの概要~業界3位のリース会社~
2.三菱UFJリースの配当推移
3.総評

1.
三菱UFJリースの概要~業界3位のリース会社~
 三菱UFJリースとは1971年4月12日に設立された老舗であり、業界三位のリース会社です。ちなみに1位はオリックス、2位は三井住友ファイナンス&リースです。東京センチュリーリースと3位争いをしている感じです。
 コーポレートメッセージであるValue Integratorとは様々な経営資源の価値(Value)を、金融と事業の融合を通じて統合(Integrate)し、社会にとって新たな価値を創造していくという考えが表現されています。
 事業内容は各種物件のリース・各種物件の割賦販売・各種ファイナンス業務・国際業務の4つです。

黒うさぎが国内1位以下の企業を買うなんて珍しい

基本的に国内一位かそれ以上のグローバル企業しか買わないのに

 

2.
三菱UFJリースの配当推移
三菱UFJリースでは、持続的な成長により企業価値を高め、株主・投資家のみなさまへ継続的かつ安定的な配当による株主還元を行っています。2019年3月期の配当金は、1株当たり23.5円(前期比5.5円)とし、20期連続の増配となりました。
出典:https://www.lf.mufg.jp/corporate/csr/irvalue.html
上記文言は三菱UFJリースのホームページより引用したものです。20期連続の増配とホームページで示すように、積極的な株主還元をしてきた自負と誇りを感じさせます。
1株あたり0.8円から23.5円と、29.375倍も配当金は増加しています。
また20年連続増配とは、すなわちリーマンショック時も平然と増配していたということになります。

凄い・・・・・・

株主に報いる姿勢と、報いてきた過去。

非の打ちどころがない

出典:https://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?action=tp1&sa=report_zim&bcode=8593

前期配当性向は30.4%

20期連続増配しておいてまだ30.4%であることに驚きを隠せません。

資源株に慣れ過ぎたのかな

30.4%ってまだまだ出せるじゃんと思ってしまう。

資源株は100%とか普通にあるから

 

3.
総評
配当金だけ見て三菱UFJリースを語るな?
メンゴメンゴ、今業績推移を見せます。
出典:https://www.lf.mufg.jp/investors/transition/index.html
利益も資産も綺麗な右肩上がりです。
2020年3月期第4半期決算概要を見ましたが、
不動産や航空、環境関連の売却が期初想定よりも前倒しで実現したことを主因に、公表予想 に対する進捗率は全項目で順調に推移。 第2四半期連結累計期間における各段階利益は過去最高益を更新。
出典:https://www.lf.mufg.jp/investors/library/pressrelease/20191113_1.pdf
とあり順調なようです。

利益も伸びてる、配当も伸びてる、今年も順調

凄すぎて逆に心配になる

黒うさぎの平均取得価格は563円なんだけど、今は708円と26%近く上昇している。100株しか保有してないことが悔やまれる。

私たちは銘柄分析して良い銘柄を発見しても資産がないからな。

配当再投資で愚直に株数を増やしていくしかない。

You’ll never find a rainbow if you’re looking down. ( ̄ー ̄)bグッ!

三菱UFJリースからの配当金受け取り報告はこちら↓

三菱瓦斯化学、三菱UFJフィナンシャルグループ、三菱UFJリースから配当金が振り込まれました。12月05日が入金日。【支払日2019】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました