【売り切れ】JT関連会社のストン(ston)がタバコ以外の収益に育つ可能性【吸うカフェイン】

スポンサーリンク
未分類

黒うさぎです。

JT関連会社がカフェインやGABAを蒸気にして吸引できる電子機器「ston(ストン)」という商品を発表しました。電子タバコの技術を応用したことは見て明らかですが、この発想があったかと驚かされました。

 日本たばこ産業(JT)グループのBREATHER(ブリーザー、東京)は3日、集中力を高める効果があるとされるカフェインを蒸気にして吸う電子機器「ston(ストン)」を発売した。仕事の休憩時間に気分転換や眠気覚ましとして使うことを想定している。
電子たばこのように筒状のカートリッジに入ったカフェイン入りの液体を熱で気化させ、その蒸気を吸う仕組みだ。1本で約250回吸えるカートリッジ(3本入り1980円)は、カフェイン入りと、アミノ酸の一種でリラックス効果があるとされるGABA(ギャバ)入りの2種類。機器本体は6600円で、ともにインターネットを通じて販売する。
コーヒーやエナジードリンクに比べて、蒸気で摂取すると短時間で効果が得られるのが特徴。加熱式たばこと異なり、たばこ葉は使っておらず、ニコチンやタールといった有害物質は含まれていない。カートリッジ3個で約1カ月分の使用量に相当するという。
ただ、カフェインを大量に摂取すると、不眠やめまいなどの副作用を引き起こす恐れがあるため、ブリーザーは20歳以上の利用を推奨する。

出典:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120300575&g=eco

今までカフェインと言えば「飲む」ことで摂取してきましたが、JT関連会社はカフェインを「吸う」という方法を提供したわけです。これは今までにない画期的な発想であり、先行者利益を享受できる可能性が大きい。

黒うさぎは重度のカフェイン中毒であり、大学生の頃は500 mLの珈琲牛乳を1日2パック消費していました。

今回のstonにも早速飛びつき購入しようとしましたが、売り切れでした。

カテゴリ ホーム&キッチン ベストセラー1位

かなり売れてるみたいだ

JTはタバコ事業以外にも食品や医薬に手を出しています。食品はパッとしませんし、医薬はタバコにとって代わるほどの利益を出していません(ただしタバコアレルギー診断薬の製造・販売中止は成功

今回のstonはヒットの可能性が大きいと黒うさぎは感じています。

まず第一にカフェイン市場の巨大さです。眠気覚ましにコーヒー飲料やエナジードリンクを消費している方も多いと思いますが、清涼飲料水と比べてエナジードリンクの販売価格は高く、一本当たりの利益率が高い。stonはこのパイを奪うと考えられます。

stonの税込み価格は6600円、カートリッジは1980円と強気。利益率も高いのではないかと推測されます。

眠気覚ましに摂取するのに一々糖分も摂取されてしまう飲料と比較して、カフェインを「吸う」という方法はカフェイン以外の余分な成分を摂取する必要が無いメリットが考えられます。血糖値が気になっている黒うさぎには魅力的な商品であると感じました。

電子タバコが出てきたときは、「はぁ、またタバコかよ」と一ミリも興味が湧きませんでしたが、このような応用ができるとは感心しました。

株価も日経平均-244.58円の中で+13円とポジティブに反応しています。株主からの評価も上々のようです。

タバコ以外の成長戦略を示せたのは大きい。

まぁ三菱グループじゃないから買わないんですけどね。

タバコ会社買収するより、カフェイン+GABAをこれからは買収していった方が多角化できて良いと思う。そろそろタバコ一本足打法から脱却する時

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました