【銘柄分析】三菱グループの捨て子、三菱自動車は実質的に日産の傘下【配当性向ヤバすぎる】

スポンサーリンク
銘柄分析

黒うさぎです。

三菱自動車は三菱グループであり、黒うさぎの4%以上の配当利回りという条件を満たしています。

しかし黒うさぎは投資していません。何故でしょうか?

それは、現在の三菱自動車は実質的には三菱グループと言うよりも日産グループとでも言うべき存在になっているからです。

1.三菱自動車の概要~三菱グループの捨て子~
2.三菱自転車の業績と株価
3.配当金の話

1.
三菱自動車の概要~三菱グループの捨て子~

三菱自動車は1970年04月22日に設立された会社で、124万4000台の自動車を2018年に販売しました。日本の販売台数は10万4000台であることから、海外販売台数が多い企業であることが分かります。

三菱自動車は黒うさぎが問題児と評した田辺三菱も裸足で逃げ出す問題児です。(参考→三菱ケミカルホールディングスの問題児、田辺三菱製薬を再評価する【パイプライン】)田辺三菱製薬がいたずら好きのワルだとすれば、三菱自動車はムショにぶち込まれるレベルのワルです。

具体的には1996年のセクハラ・パワハラ、1997年の総会屋に対する利益供与、2000年と2004年のリコール隠し、2005年の3G83エンジンに関する問題、2016年の燃費試験の不正、他にも派遣切りや技能実習計画認定の取り消された件など三菱自動車のワルは数え切れません。

ひどすぎる・・・・・・見捨てられて当然だ

池井戸潤の小説「空飛ぶタイヤ」は三菱自動車のリコール隠しを題材にされています。リコール隠しが発覚した際には当時の筆頭株主であったダイムラー・クライスラーに資本提携を断ち切られ終わりかと思われましたが三菱グループに救済されました。

今は見捨てられたけど、一回は救ってるんだよね

2016年の燃費試験の不正により追い込まれた三菱自動車を救済したのは、日産でした。2370億円で34%の発行済み株式を取得し筆頭株主になりました。

出典:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/stockinfo/overview.html

筆頭株主 日産 34.03%
日産に拾われた三菱グループの捨て子、それが三菱自動車です。

2.
三菱自動車の業績と株価

出典:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/finance_result/highlight.html

売上高はヨコヨコしています。2016年は燃費試験の不正の年ですね。
思ったより下がらないもんだなと感じました。

出典:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/finance_result/highlight.html

さっきの売上高はなんだったのか(笑)

売上高だけを見ていたら、下がってないじゃんと騙されていましたね。

利益を下げて下げて、なんとか売上高を確保していたようです。

株価は長期で右肩下がり。

4800円の時代もありましたが、496円と1/10まで下がりました。

ひどすぎる・・・・・

 

 

3.
配当金の話

出典:https://www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/stockinfo/return.html

予想配当性向595.2%

ヤバすぎる!!!

まるで一時期の某石油メジャーレベルまで配当性向が高まっています。

純利益の5倍近く配当金を支払うのは狂気の沙汰です。

何が彼らをここまで駆り立てるのでしょうか?日産に支配されている影響でしょうか?

今の5倍以上利益を増やさない限り、現在の配当を維持することはできないと考えられます。

実質的に日産傘下だから投資する気は元からありませんでしたが、配当性向みて引きました。

これが大株主による支配とでもいうのでしょうか・・・・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました