塩野義製薬のパイプラインを製薬企業勤務の薬剤師が評価する【一個期待できそう】

スポンサーリンク
未分類

1.初めに~塩野義製薬の概要~
2.パイプライン確認
3.総評~開発力は国内最強~

1.
初めに~塩野義製薬の概要~

黒うさぎです。

塩野義製薬と言えばゾフルーザというインフルエンザ用の薬で勢いのある会社です。
「自社開発品の比率を50%以上に維持していく」という社長の言葉通り(出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21417410S7A920C1X11000/)、強い開発力で有名です。

また、いち早くMRではなくML(メディカルリエゾン)を導入しました。MLってなんだよって人は、頭のいいMRと思っておけばだいたい正解です。

塩野義製薬の説明では「日本を代表するオピニオンリーダーと専門領域について科学的にディスカッションを行い、全国の医療機関に薬の適正使用を推進していくお仕事」だそうです。

黒うさぎの知人も塩野義製薬でMLをやっていますが、かなり高給取りだそうです。
営業職だと恐れずに、黒うさぎもMRやMLなどの高給取りになれば良かったと後悔しています

( ;∀;)

同じ製薬企業内でも職種によって給料は大きく異なります。

2.
パイプライン確認

感染症は4つ。フェーズ3は三つ。全て起源が自社。
セフェム系抗生物質は既に世の中にありますし、他はゾフルーザです。
しかし、日本でも話題のようにゾフルーザは「単回経口投与」という利便性とその抗ウイルス作用で画期的とされています。(その後変異したウイルスの出現で流れが変わりましたが・・・・・・)

売れる薬は、作ったらハイ終わり!ではなく、世界に販路を拡大して収益を伸ばしていくことができます。(アッヴィを見てみろよ、ヒュミラをどんだけ伸ばす気だよ!)

疼痛・神経は10個。フェーズ3は一つですが、デュロキセチンは既存の有効成分です。

次行きましょう。

代謝疾患は三つ。フェーズ3無し。

フロンティア領域ってなんだよ(笑)
突如出てきたモンスターハンター的名前に笑ってしまいました。
未開の領域ってことですね。

他社だと、アンメットメディカルニーズなんて言われる領域です。

フロンティアは9個。フェーズ3は一個。S-588410

開発Noしか示されていない、ということは新規でしょう。

実力は未知数、これは期待できそうです。対象となるがんは食堂がん。(研究室で「癌」ではなく「がん」と書けと指導されていた黒うさぎ)

調べたところ、国立がん研究センターで治験が行われているようです(出典:https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/clinical_trial/info/clinical_trial/to_patients/T4197/index.html)

3.
総評~開発力は国内最強~
感動しました。
開発力が強いと聞いていましたが、ここまで自社起源が多い製薬企業はそうそうないです。
武田製薬が投資会社化した今、国内最強の開発力と言ってもよさそうです。
ここの研究者は優秀ですね。
良さそうな新薬の種も発見できました。
開発No.S-588410
食道がんは過度の飲酒歴や喫煙との関係が指摘されており、飲酒する黒うさぎも期待を寄せております。

薬に頼る前に生活習慣を治しなさい

ただ、S-588410は起源が自社ではなくオンコセラピー・ サイエンス社となっていました。

なんだ、結局買った方がいいじゃないか

製薬企業の投資会社化は止まらない

田辺三菱製薬のパイプラインはこちら↓

三菱ケミカルホールディングスの問題児、田辺三菱製薬を再評価する【パイプライン】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました